ハンターボートで沖縄カンパチジギング

2015年の8月からFeelFreeカヤックを購入し釣りを始める。 2016年5月からHOBIEのRevolution11 (2016)。 2018年3月からハンターボート300。 水深150m~220m前後で1年中カンパチを狙っています。

中華製品っていうか中国メーカーの対応が合理的な件

time 2019/07/05 (旧暦:2019年06月03日 )

最近Amazonでも油断すると中国本土から送られてくる送品が多々ある。少し前は信用出来ないなぁ・・っていうイメージだった。正直初期不良は多い。が・・不良品だった時の対応が良い。

sponsored link

日本メーカーの場合はまず不具合を認めない

スマートフォン本体でも何度も嫌な思いをした。不具合報告はネットで検索するといくらでも出てくるのに、サポートセンターでは未確認の初めて聞く不具合だと言い張る。
サポートセンターの電話に出ている人個人的にはそうなのかもしれない。が、組織としてやっているサポートセンターやメーカーがそういう不具合を把握していないはずがない。百歩譲って報告も上がってきていないし、ネット上でそういう書き込みも見ていないというならそれはそれでもっと大問題だと思う。
モノである以上初期不良は必ずあると思う。それを認めずにダラダラと対応を伸ばし、不具合対応していない商品を送ってくる。また最初から不具合報告のやりなおし・・・普通にスマートフォンを使いたいだけなのに、使わせてもらえない。

中国メーカーは即返金か交換

WishやAmazonで中国メーカーの商品をたまに買う。不具合はやっぱり多い。日本向けだからなのか1~2年の保証と書いてある。
保証期間内に故障した場合、中国メーカーの場合は不具合を証明できる写真やスナップショットを送るように指示がある。それを送ると大抵返金か、新品交換。日本メーカーのようにダラダラ引き伸ばさない。どうせやらないといけないことだから、とっとと終わらせてしまったほうが合理的ということなのだろう。

少し前に3~4万で購入したある電化製品が1年保証が切れる目前で故障した。連絡すると60%お金返す!とのこと。1年保証だから60%返金っていう意味はよくわからないが、日本メーカーのようにダラダラ引き伸ばされて無駄な対応するよりもユーザーとしてもありがたい。無駄なやり取りするよりも60%バックの方を快諾した。

不具合はあるもの

超昔なら手作りで丁寧に・・というのはあっただろうけど、今は大抵大量生産。どんなに検品をしても設計を綿密にしても不具合はあるもの。数百万する車だってリコールがある。完璧に不具合のない商品なんかないんじゃないかな。昔のメイドインジャパンはもう神話。製造中国、日本検品&出荷ってものばかり。
日本のメーカーも不具合のリスクは最初から組み込んでおいて、不具合時の対応を早くしてくれたらいいのにな。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


YouTube

アーカイブ