ハンターボートで沖縄カンパチジギング

2015年の8月からFeelFreeカヤックを購入し釣りを始める。 2016年5月からHOBIEのRevolution11 (2016)。 2018年3月からハンターボート300。 水深150m~220m前後で1年中カンパチを狙っています。

ターボフィンに交換(手順)

time 2017/11/30 (旧暦:2017年10月13日 )

先日購入したターボフィンを週末に備えて取り付けした。

ノーマルフィンの取り外し

まずは、ノーマルフィンについてるスプリットリングみたいな留め具を外す。2つとも外して、ピンを抜くと簡単にフィン部分は抜くことが出来る。

次に、シャフトを外す。こちらは、ネジ止め剤がしっかりしていてなかなか回らない。556吹いて少し放置し、モンキースパナで回す。モンキースパナがちょうど引っかかりそうな形状で良かった。

シャフトにモンキースパナが引っかかりそうな箇所がある

シャフトにモンキースパナが引っかかりそうな箇所がある

ネジ穴をパーククリーナーで念入りに洗浄。

ノーマルフィンとターボフィンのサイズは、これくらい違う。

ノーマルフィンとターボフィンの比較

ノーマルフィンとターボフィンの比較

取り外してみて分かったことが、ノーマルフィンのシャフト曲がってた・・・今まで全然気づかなかったけどいつからなんだろう。スピード出ない理由はこれだったのかもしれない。

ノーマルフィン用のシャフトが曲がっていた。

ノーマルフィン用のシャフトが曲がっていた。

ターボフィンの取り付け

ターボフィン用のシャフトの取り付けをする。親切にネジ止め剤も入っていた。

余りそうな位の量だったので、結構贅沢にネジ止め剤を塗りネジ穴にも流し込んだ。

ターボフィン用シャフトにネジ止め剤

ターボフィン用シャフトにネジ止め剤

シャフトを2本とも取り付けをしたら、フィンを差し込み、ピンを取り付けたら完成。10分ほどで交換できた。

とりあえず、ターボフィンの袋に説明書らしき物は入っていたけど、海外製品の説明書ってなんであんなに適当なんだろうw

ターボフィン

ターボフィン

最後にフィンの張りを調整。実際に漕いで見ないと分からないけど、とりあえずMAX張って置いた。脚力さえあればスピード出るはず。

今週末も天気微妙なんだよなぁ・・

sponsored link

down

コメントする




キャンプ

プロフィール

kaw

kaw

2015年の8月から釣りをやってみたい!とFeelFreeカヤックを購入し釣りを始める 2016年5月からHOBIEのRevolution11 に乗り換え。 2018年3月からハンターボート300。 2018年12月から新型ハンターボート300

水深150m~220m前後で1年中ジギングでカンパチを狙っています。

アーカイブ