ハンターボートで沖縄カンパチジギング

2015年の8月からFeelFreeカヤックを購入し釣りを始める。 2016年5月からHOBIEのRevolution11 (2016)。 2018年3月からハンターボート300。 水深150m~220m前後で1年中カンパチを狙っています。

魚探のバッテリーにモバイルバッテリーが使えるらしい

time 2017/03/17 (旧暦:2017年02月19日 )

HONDEXの魚群探知機を使っています。

電池を8本本体に入れることができるのですが、丸1日は持ちません。節約すればなんとか行けるかもしれないけど面倒です。

そこで外部電源ケーブルも注文し、10本入る電池ボックスを並列に繋いで合計20本の充電式電池を使っています。充電式の電池は電圧が1.2V、容量が1900mAhです。

並列に繋いでいるので、おそらく3800mAhになっているのだと思います。これだけあれば夜明け~日没まで魚群探知機の電源を入れっぱなしにしても電池切れになることはありません。

釣行前日に20本と万が一のために2本追加して充電するわけです。充電池も16本同時充電8本同時充電の充電器を使います。

正直面倒です(笑)

何気にHONDEXの商品のサイトを見ていると・・・USB電源ケーブル(別売り)と書いてあるのを見つけました。どうやらモバイルバッテリーを電源として使うためのケーブルのようです。

HONDEX(ホンデックス) USB電源コード UD01

HONDEX(ホンデックス) USB電源コード UD01

4,879円(09/17 16:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

何にも疑わずに、充電式電池をたくさん使えばいいじゃん!って工作してましたが目からウロコです。もっと安くで電源確保できたじゃん・・。

しかし、ケーブルだけで5000円オーバー。

モバイルバッテリーが5V2A位の出力。容量は最近は20,000mAhとかも安価で売ってます。

結局魚群探知機用の電源って、12V で0.2A送り込めばよいわけです。

今、電池用に配線したところに、昇圧器取り付けてUSBでモバイルバッテリー取り付ければ充電式電池とモバイルバッテリーどちらでも使えるようにできる。

昇圧器は結構安くで売られてます。

が、、USBとの配線とかを考えると元からUSBと昇圧器がくっついているのを買ったほうがいいのかな?

今使ってる電池ボックスもだんだん錆びてきたし、何かの機会に工作してみる。

sponsored link

追記

モバイルバッテリーを使い続けていましたが、バイク用のバッテリーにしました。

sponsored link

down

コメントする




キャンプ

プロフィール

kaw

kaw

2015年の8月から釣りをやってみたい!とFeelFreeカヤックを購入し釣りを始める 2016年5月からHOBIEのRevolution11 に乗り換え。 2018年3月からハンターボート300。 2018年12月から新型ハンターボート300

水深150m~220m前後で1年中ジギングでカンパチを狙っています。

アーカイブ