ハンターボートで沖縄カンパチジギング

2015年の8月からFeelFreeカヤックを購入し釣りを始める。 2016年5月からHOBIEのRevolution11 (2016)。 2018年3月からハンターボート300。 水深150m~220m前後で1年中カンパチを狙っています。

500gまでのジグをシャクれる硬いロッドが欲しい(2)

time 2017/11/20 (旧暦:2017年10月03日 )

色々探して手詰まり感が出ていたけど、一緒にカンパチを釣りに行く先輩からURLが送られてきた。

ZEROSHIKI Square DEEP ALIVE ZSR53B-16

 体力がものを言うディープジギングにおいて、アングラーの体力をカバーし、ルアーの操作性、軽快なシャクリを求め開発した素材は破壊強度に優れており、ただ単に硬いだけのヘビーロッド、グラスが多い折れないけど魚が浮かないヘビーロッドではなく曲がりながらも、リフティングパワーを備えた肉厚軽量設計です。水深200~300mのディープゾーンの40kgオーバーのカンパチ、100kgオーバーのイソマグロ、太いリーダーシステムでバイトに持ち込むには、ターゲットに見切られないハイスピードで200g~500gのジグをシャクらなければ難しい。ディープゾーンでアングラーの体力をカバーし、ジグを軽快に操れる操作性、ヒットしてからのリフティングパワー、この重要なファクターを兼ね備えたゼロシキスクエアディープアライブ。このロッドでドラグが焦げるような魚をキャッチしてください。

サイトの説明文を読む限り、グラス素材で柔らかくて丈夫なだけでもなく、スローピッチ用から派生した硬いだけのロッドでもなさそう。

電話してみた所普通に200m~300mの水深でワンピッチジャーク出来るとのこと。

そして、何がポイント高いかってネットで買える!と思ったけど、、メーカー取り寄せ。メーカーには在庫ないって言ってた・・・

 

ロッドのケツのほうが、ギンバル利用前提なのかな・・って思ったけど、Fiji BRC22 ギンバルキャップがついてくるとのこと。

普通にカヤックでも使えそう。

down

コメントする