ハンターボートで沖縄カンパチジギング

2015年の8月からFeelFreeカヤックを購入し釣りを始める。 2016年5月からHOBIEのRevolution11 (2016)。 2018年3月からハンターボート300。 水深150m~220m前後で1年中カンパチを狙っています。

アシストフックを色々考えてみる

time 2017/09/27 (旧暦:2017年08月08日 )

ジギングロッドの選択肢がなくなってきた

普段カヤックに乗ってジギングをするポイントは、水深140~220mが中心。

底潮が早くて200gのジグでも着底がとれないこともある。そこでもっと重たいジグを扱えるように・・と硬いロッドを探しまくった。しかし、重たいジグを扱えるロッドの殆どはスローピッチ用。

テンリュウなどのロッドも候補に上がりましたが、とにかく高い。カヤックで使う以上ポロリの可能性はゼロではありません。そこで、とりあえずと購入したロッドがゲームタイプJ B605。300gまでOKなロッド。

しかし、実際に使ってみると200gをシャクっていても、潮が早いとロッドが反発しないことも・・・潮があまり動いてないから大丈夫かなと300gのジグをシャクってみるとカヤックのほうが進むだけでジグが動かせない。そして、300gのでかいジグに食いつくような魚はなかなかそこにはいない。

200gでシルエットの小さいタングステンジグなんて皆無に近い上に、値段が高すぎる。カマスにリーダー切られたら・・と思うとゾッとする値段。

カヤックでの水深200m前後でのジギングでは250gくらいが限界だな。。という結論に。

最近ずっとベイトが小さい

初夏からずっとベイトが小さいという問題で試行錯誤しています。釣れた魚の胃袋を見てみると大抵餌釣りの人々が撒いたものでしょうか、、コマセが入ってます。たまに魚が入っていても2~3cmほどの小魚。200gのジグのサイズの魚なんか入っていない。

沖縄の魚って餌釣りの人がばらまくコマセで育ってるんじゃ・・・

アシストフックに食いつかせればいいんじゃ・・・

普段釣りをするポイントの関係上200g前後のジグが必要かつそこにいるベイトが小さい。ジグが大きすぎるならアシストフックに装飾してそっちで誘えばいいんじゃ・・って考えた。



タコベイトを付けてみたアシストフックは失敗。フォールが遅くなる上にジグの動きを邪魔する。

ビニール製の鯖側っぽいものを付けた方、こっちはいい感じ。カンパチがフックごと丸呑みしていて、フックを外すのに苦労した。


もう少しアピールできないものかと、蓄光の玉をつけてみた。


こちらは、いつも一緒にカヤックを出す先輩に使ってもらった。結果はアカジンがこれを丸呑み。しかし、フックがエラの方まで飲み込まれてたとのこと。蓄光玉に向かって食いついて来ると仮定するならそうなるよな・・・と蓄光玉を付ける位置を変更。

こちらの方で多分いい感じにアシストフックに向かって食ってきてくれるはず。実際に使ってみて釣れたのは、水深220mのポイントでレンコダイ(笑)。レンコダイだけどテレビでしか釣れているところをみたことがなかったので嬉しかった。


が・・もう一つ問題。潮が早い時、蓄光玉が抵抗になってジグが思うように動かせない。そこで釣具屋を徘徊して良さげな物を見つけてきた。


これなら少しは潮の影響が少なくなるはず。

週末天気が良さげなら、蓄光玉のものと蓄光チューブも取り付けたアシストフックを試してみたい。





ベイトタックル

リール:シマノ 16 オシアジガー 3000HG (右ハンドル)(2016年追加モデル)
ロッド:シマノ 15ゲームタイプJ B605

スピニングタックル

シマノ ゲーム タイプ J S603
シマノ(SHIMANO) バイオマスターSW 8000PG

ライン ファイヤーライン3号
リーダー フロロ8号~14号

sponsored link

down

コメントする




キャンプ

プロフィール

kaw

kaw

2015年の8月から釣りをやってみたい!とFeelFreeカヤックを購入し釣りを始める 2016年5月からHOBIEのRevolution11 に乗り換え。 2018年3月からハンターボート300。 2018年12月から新型ハンターボート300

水深150m~220m前後で1年中ジギングでカンパチを狙っています。

アーカイブ