ハンターボートで沖縄カンパチジギング

2015年の8月からFeelFreeカヤックを購入し釣りを始める。 2016年5月からHOBIEのRevolution11 (2016)。 2018年3月からハンターボート300。 水深150m~220m前後で1年中カンパチを狙っています。

GARMIN STRIKER7の電源(バッテリー)が大変だったお話し

time 2017/07/12 (旧暦:2017年閏05月19日 )

先日注文したGARMIN STRIKER7が届いた。

実物を見てやはり7インチのモニターはすごい。見やすそうです。ただフードがないので炎天下で見えるのかは不明。

そして、振動子がすごい。大きい・・・電話の子機よりも大きいww


そして重さは900gほど、くっそ重たいw500Wとかの出力だからこれくらい必要なんでしょうね。。

とりあえず、組み立てる前に電源入れてみる。3画面で同時にいろんな情報をチェックできるのは嬉しい。次に振動子を付けて電源ON・・・・するとGARMINのロゴマークが出てすぐに勝手に電源が切れる。

振動子を外すと電源ちゃんと入る・・・

販売店の担当者の方とあれこれやり取りを何度かやってみて、どうやら電圧・電力不足が原因らしいということになった。

私の魚探のバッテリーはモバイルバッテリーと本体の間にコンバーターをかまして12V にしています。電圧が足りないってことは無いとは思うんだけど・・・コンバーターで電流がロスしているんだろうと思います。

試しに車のバッテリーを充電しながら電源を入れてみると正常に起動。電圧・電流どちらかが足りていないことは確定しました。

大変困りました。。。カヤックに車のバッテリーとか持ち込みたくないですw

色々周りに相談した結果、夕方先輩から電話がありました。「車のジャンプコード付きのモバイルバッテリー持ってなかった?」

前のジムニーの電気関係が不安だったので、バッテリーが上がったときのために買っていたこれ!

車のバッテリー上がりに対応できるってことは、12V 以上あるし電流も十分なはず。

試してみると、、無事振動子付きで起動。


しかし、これひとつじゃ容量に不安があるので、20,000mAhのモバイルバッテリーで充電しながら利用してみます。

なんとか週末の釣りには間に合いそうです。

これでダメなら、20,000mAhのモバイルバッテリーをもう一個追加か、諦めて車のバッテリーを持ち込みです。

sponsored link

追記

モバイルバッテリーを使い続けていましたが、バイク用のバッテリーにしました。

sponsored link

down

コメントする




キャンプ

プロフィール

kaw

kaw

2015年の8月から釣りをやってみたい!とFeelFreeカヤックを購入し釣りを始める 2016年5月からHOBIEのRevolution11 に乗り換え。 2018年3月からハンターボート300。 2018年12月から新型ハンターボート300

水深150m~220m前後で1年中ジギングでカンパチを狙っています。

アーカイブ