ハンターボートで沖縄カンパチジギング

2015年の8月からFeelFreeカヤックを購入し釣りを始める。 2016年5月からHOBIEのRevolution11 (2016)。 2018年3月からハンターボート300。 水深150m~220m前後で1年中カンパチを狙っています。

年に数回しか無い爆釣予感の日

time 2017/01/30 (旧暦:2017年01月03日 )

土曜は、何周も前から楽しみにしていた日でした。大潮で夕方が満潮、湿度も低そう1年しかやってない短い経験ではこういう日はよく釣れます。

心配なのが、昼過ぎから南東の風に変わってしまうこと・・・西寄りになるよりかはマシです。

朝からソワソワしながらカヤックを出します。


冬場では珍しいくらいのベタ凪です・・・深場のポイントまで自分でカヤックを漕がないといけないようです。

浅場で坊主は嫌なのでお土産釣り。ハンゴーミーバイが釣れたので深場へ移動。

ハンゴーミーバイ

移動しながらジグを投げていたら小さなアカジン。スレがかりしてしまっていたので持ち帰り。

深場のポイントのスタート位置あたりで直ぐに当たりがありました。ガーラです。

ガーラ

満足なサイズの魚も釣れたので、徐々に深場へ移動。すると・・・カンパチでもガーラでもない当たりがきました。初めて経験する引きの正体は・・・イソマグロ。

イソマグロ

マグロと名前がつくだけあってよく走りますね。

その後は、小さなカンパチ。こちらも変な場所にフックがかかってしまっていたので持ち帰り。

カンパチ

正午過ぎから風向きが東に変わりそして南東の風に変わると、午前中の面白いようにあった当たりがピタリとなくなります。

カンパチ用のシャクリをすると両腕がパンパンになって来るのですが、次の上げ潮のタイミングまで粘るものの当たりなし。

陸に戻りながらフラペンを投げて、イノーアカジン釣って久々にお腹いっぱいシャクることができた一日でした。


down

コメントする