野良猫の糞尿被害・爪とぎ被害と戦う

その他
この記事は約15分で読めます。

野良猫の糞尿被害

昔乗っていたジムニー(SJ10)はドアとか無いため運転席下に野良猫がフンをしていた。トゲトゲを置いたり超音波で野良猫の嫌な音を出す機械を置いたりと対策した。

今回は自宅の駐車場。猫がバイクに尿をかけやがる。マジで臭い。

猫が嫌がる音を出す機械を購入

ジムニーのときと同様に上の超音波な機械を置いた。

しばらくは尿をかけられることもなく、シートにも足跡が付いていなかったけど数ヶ月すると慣れてしまうのかまた尿をかけられるようになった。

猫用忌避剤を購入

超音波で追い払うのは、この機械に近づいてきたときだけ。ということで猫用忌避剤も購入。しかし、これはスプレーした当日は良いような気もするけど翌日くらいからまたシートには足跡がついている。

バイクのシートで爪とぎまでされる

尿だけなら綺麗に洗えばなんとか我慢できる。しばらくするとバイクのシートで爪研ぎをされた。シートは穴だらけのボロボロ。

厄介なことに自分のバイクが修理中で借り物のバイク。自腹で弁償しないといけない。

こればっかりは張り替えないといけない。数万円を覚悟するやつ。

市役所に相談

ここ数年は、「毒入りウィンナーを動物が食べて泡吹いて死んだ」とニュースがちょくちょく流れる。おそらく同じような被害にあった人がやったんだと思う。気持ちはわかるけどこれは捕まるのでNG。

市役所に電話

那覇市環境衛生課に電話し被害内容を伝え、なんとか出来ないか相談。

  • 近所に野良猫に餌をやっている人を見かけないか?
  • 放し飼いをしているような人は見かけないか?

を聞かれる。2kmの範囲で上記に当てはまる場所を伝える。一応那覇市環境衛生課の人がお願いをしてくれるとのこと。

近所で餌やりをしている人は人目につかないようコソコソ餌をあげている。

人がいる時は知らんふりをしていて、通り過ぎた瞬間植木の根本に餌をパラパラと上げる感じ。野良猫はそれを知っているのでその人の周りで待ち状態。

そんなコソコソ餌やりしているということは、周りに迷惑している人がいると自覚した上で餌やりをやっているということ。確信犯。

「お願い」をしたところで、それを聞き入れてくれるとは思えない。

市役所の人からチラシをもらう

市役所の方が、野良猫が入り込まないようにする対策一覧のチラシをポストに入れていてくれた。書いてあることは猫の嫌がるニオイか超音波だけ。

すでに対策済みのことばかり。チラシの中に漂白剤を薄めたものを撒くとも書かれていたけど、それは車とかバイクのサビの原因になるよね・・・あと、漂白剤をばらまいても環境的にOKなのかな?

動物愛護法が改定になり

不適切な飼養や無責任な餌やりになどによって、周辺の生活環境が損なわれているときは、原因者に対して、都道府県が指導、勧告、命令を行うことが出来る。
原因者が命令に反した場合は50万円以下の罰金

お願いから指導・勧告・命令と進んでもらうためにはかなりの被害がないと動いてくれないのかな。

指導などで餌やりを辞めてくれたとしても、野良猫は長くて10年とか生き続ける。その間は被害者は泣き寝入りし続けろ!我慢しろ!という法律。

一方、動物虐待し殺傷すると、5年以下の懲役または500万以下の罰金。野良猫の糞尿被害拡大の原因を作っている人間との罰則の差が激しすぎww

餌やりしている人には、近所の被害の補償義務くらい負わせて欲しい所。結局の所被害者は泣き寝入りするしかない。

餌やりや放し飼いしている人に直接話しに行くのもNG

市役所の方の立場からは「お願い」しか出来ないとのことなので、野良猫に餌をやっている人や放し飼いをしている人に直接話しをしたいと言ったら、それはトラブルになるからNGとのこと。

もう手詰まり。

動物愛護法も理解はするけど・・・

動物愛護法という方ができ、無責任に動物を増やさない、虐待しないという事は理解する。

野良猫による被害を受けた人間は、身銭を切って対策や補修を行い、無責任に餌をやり続ける人には、まずはお願いから・・・

無責任に餌やりする人間に賠償請求できるよう法改正して欲しい所。

トゲトゲなシートを追加購入

バイクを置いている周辺はブロック塀沿い。ブロック塀を通れないようにするために、トゲトゲのシートを追加購入。

第一ビニール ここダメシート 2m巻 スリム12cm

第一ビニール ここダメシート 2m巻 スリム12cm

539円(09/24 14:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

手詰まり

色々調べて猫よけグッズを試したり市役所の方に相談したけど手詰まり。動物愛護法によって、

野良猫 >>> 越えられない壁 >>> 人間

という立場になってるのね。

泣き寝入りも嫌なので餌やりの現場の動画撮影をタイミングがあったらやってみる。

近所に地域猫の世話をしている人がいるとのこと

市役所から連絡があり、近所の猫が集まっている所に地域猫の世話をしている人がいるとのこと。あの野良猫の数はそこが原因っぽい。しかし、この保護猫の活動をしているのは最初に猫が集まってる場所を伝えた場所の道向い。今になって後出しで言われるのもなんだかなぁ・・・

問題はその人が野良猫に餌やりしているんじゃ?という疑惑。那覇市の条例を調べてみると餌やりは禁止してないぽい。

しかし、動物愛護法で「 不適切な飼養や無責任な餌やりになどによって、周辺の生活環境が損なわれる行為」は禁止され罰金も設定されている。

那覇市の条例は動物愛護法の改定についていっていないのかな。

飼い主のいない猫にエサをあげている方へ

外にいる猫にエサを与えると、その場所に猫が集まることで猫による被害が増えたり、集まった猫の間で子猫が生まれる可能性が高まります。「かわいいから」「かわいそうだから」という気持ちでエサやりだけを行うと、結果として不幸な猫を増やす手助けをしていることになりかねません。エサを与えているあなたには責任があります。エサやりについては地域の生活環境や猫の将来についてもよく考え、次のことを守るようにしましょう。

1.あらかじめ地域の方々の理解を得るようにしましょう。許可なく他人の敷地等でエサやりをしてはいけません。
2.地域で猫が増えないように不妊去勢手術を行いましょう。
3.エサを与えるときは、猫が食べ終わるまで見守り、食べ残し等の清掃をしましょう。エサを置いて立ち去る行為は周辺の生活環境を悪化させるだけでなく、見る人を不快にさせます。
4.猫の排泄物の清掃を毎日行いましょう。猫トイレを設置することも有効です。

飼い主のいない猫対策について

近所の人の理解を得られて、自分の敷地内なら野良猫に餌やりをしてもよいということ。問題は「近所の人の理解」の部分。両隣、道向の人だけに同意を得ても猫はそれ以上の行動範囲。もっと「近所」の定義を明確にして欲しい所。

また、破られたシートの補償問題については以下の回答。

  1. 地域猫の犯行とわかる証拠
  2. その証拠集めのためのカメラなどは自腹
  3. 1と2を元に民事裁判して補償してもらってね

実質、泣き寝入りしろ!ってことね。しかし、それを見越して活動をしているかもしれないのでカメラを買ってガチで民事裁判してやるか・・・

忌避剤やカメラ、超音波装置など自腹であれこれ買ってるけど、そもそも地域猫の保護活動している人たちが猫の縄張りの範囲にこういう物を配ればいいんじゃ?

猫用忌避剤追加購入

効いているのか効いていないのか良くわからない猫用忌避剤。バイク周りにまいて2~3日は効いている感じがしないでもない。以前購入した猫用忌避剤が切れたので購入。(2021/11/15)

その後の進捗(何も進んでいない)


2021年12月22日
その後市役所からは連絡がなかったため連絡をとってみた。以前の話ではアパートの管理会社と話超音波の猫の撃退器を貸し出しする。近所の多頭飼育や保護猫の活動をしている人と話し、不適切な飼育をしている人には話をしてくれるとのことだった。

  • アパートの管理会社には連絡を入れ、管理会社から住人に猫の糞尿被害がないか聞き取りをするとのことだったが市役所の方には報告の電話がない。(住人の私にはそのような聞き取りは管理会社からきていない)
  • 近所に不適切な多頭飼育をしている人がいるためその人と話をしている

この2点のみ。

そもそもアパートの管理会社から私に被害の確認の連絡なんて着ていない。市役所が嘘をついているのか管理会社が放置しているのかのどちらか。

不適切な多頭飼育をしている人と話をしているということだったので、それは「指導、助言、勧告、命令、報告」のどれに当てはまるのか質問。現在指導にも入っていない様子。

不適切な多頭飼育をしている人にも今市役所の担当者がきて話している内容は「指導、助言、勧告、命令、報告」のどれなのかが分からないとその人にも不利益になると思う。

また、指導なら指導、助言なら助言など明確にしないとより強い処置に移行できないと思う。そしてまた「OO日以内にXXするということ」という期限も決めて話をしていないとのこと。

取り敢えず1ヶ月ほど放置されていて、何も進んでいないことだけは確認できた。

そもそも那覇市には不当飼育している人にお願いする権限しかなかった

2021年12月28日追記

那覇市の環境衛生課から電話がきた。内容は私が伝えた動物愛護法に記載されている 「指導、助言、勧告、命令、報告」 というのは那覇市の権限では「指導」しかできないという内容。

第9条 猫の飼い主は、その所有し、又は占有する猫について、屋内で飼養するよう
努めなければならない。
2 所有者が判明しない猫に対し継続して給餌を目的とする行為を行う者は、猫の繁殖を防止すること、並びにその行為を行う周辺地域の生活環境を損なわないようにすること及び住民等の理解を得ることに努めなければならない。
(飼い主等に対する指導及び助言)

那覇市動物の愛護及び管理に関する条例

まず、「努めなければならない」という意味は「努力」という意味で主観的なもの。そして、努力をしていない!という指摘も出来ずに罰則もなし。

指導及び助言というのも同じで「お願い」しか出来ずに飼い猫が外を自由に出歩いていたって家の中で飼う努力はしている!と言われればそれまでのザル条例。

動物愛護法には、都道府県知事が 「指導、助言、勧告、命令、報告」 を出来ると書いてあり、那覇市は政令指定都市に指定され沖縄県から上記の権限移譲されたにもかかわらず、那覇市の条例では指導及び助言しかできない。

那覇市の環境衛生課は那覇市の条例に従って働くので動物の愛護及び管理に関する法律で認められた勧告・命令を行うことができないとのこと。

このあたりは市議に話しよう。

超音波の猫の嫌がる音を出す機械の貸し出し

那覇市から以前から提案されている超音波で猫を追い払う機械の貸し出しの件は、那覇市環境衛生課とアパートの管理会社とのやり取りが上手く行っていないようなので私から管理会社に話をして設置可になった。

管理会社も 猫用忌避剤を2日前から連日まいてくれているそうだけど、全く意味無し。昨日・今日としっかりバイクには小便されていた。

取り敢えずこの機械を設置して自腹で購入したものとローテーションして使ってみたい。

市議に相談

知り合いの市議に、「動物の愛護及び管理に関する法律」での権限と「那覇市動物の愛護及び管理に関する条例」での権限に差異があるため市役所からは不当飼育している人へ「指導・助言」しか出来ないので 「動物の愛護及び管理に関する法律」 の権限に沿った条例に出来ないか相談。

しかし、12月28日は役場の御用納め。年明けに色々動いてくれるとのこと。

バイクのセルスターターが回らなくなった

2022/01/04追記

ここ1~2週間バイクのバッテリー電圧が下がりセルスターターが回らなくなっている。バッテリー位置は猫が毎回小便をしていく場所の下。特に防水などはされていないのでそのせいだと思う。那覇市役所にそのことを言っても「猫の小便のせいで故障したという証明をしろ!」という無茶なことを言われると思うけど取り敢えず現状を報告する。

2週間ほど前に新品にしたのにバイクのバッテリーは8V位まで電圧が下がってしまったので再度購入。5980円・・・

YUASA YT9B-BS Battery 12 Volt 115 CCA with acid pack

YUASA YT9B-BS Battery 12 Volt 115 CCA with acid pack

6,800円(09/24 14:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

那覇市役所の環境衛生課に連絡

またまたバッテリーが駄目になったし、年末までに話をしたことがどうなったのか聞くために那覇市環境衛生課に連絡。

  • バイクのバッテリーカバー上に小便をされるためなのかバッテリーが上がる(2週間ほど前に新品バッテリーに交換済み)
  • 不当な多頭飼育をしている人と直接話しをしたいので、その旨多頭飼育している人の了解を得て連絡先を教えるか教えて欲しい。
  • 11月から相談をしているがその後どのような対策がされたのか教えて欲しい。

上記の3点。

バイクのバッテリーに関してはやっぱり「どの猫が犯人で猫の小便が原因なのかの証明できないと駄目」とのこと。

再度監視カメラを設置して現場の動画や写真を押さえないと・・と言われたけど、その写真や動画を撮影しても多頭飼育している人が「うちの猫ではない」と言ってしまったら終わり。

数万かけて監視カメラを自腹で購入しても意味がないように感じたので購入は保留。

多頭飼育している人と直接話しをしたいという件は、今日(2022年1月4日)の午後に該当者の家に行って話す予定とのこと。

11月から結局多頭飼育している人が行ったことはトイレの設置のみ。バイクに小便されるのはトイレとして使われているわけではなくマーキングされている。トイレの設置はマーキングなので意味がないのでは?と伝える。

那覇市環境衛生課から借りることが出来ると言われていた超音波発生機は年末に管理会社から連絡がきたので2週間ほど待って!とのこと。順番待ち状態らしい。

そして、年末にも話しした那覇市の条例では 「指導・助言」 しか権限がないという問題。この件も話ししてみた。

那覇市は中核市なので動物愛護法に制定されている「 勧告、命令 」・「命令に従わなかった際の50万円以下の罰金」の権限も那覇市に委譲されているという認識だったけど、環境衛生課の方の話ではその権限は沖縄県にあるとのこと。

それならそうと早く言ってほしかったけど、勧告・命令の権限のある沖縄県に相談しないといけないのでその担当部署の連絡先を教えてもらう。

沖縄県動物愛護管理センター(098-945-3043)に連絡。

電話をしてみると早速「那覇市以外の市町村の相談窓口!」と言われた。が・・那覇市環境衛生課から勧告・命令の権限があるのは県の方!と言われた旨伝え話を聞いてもらった。

私の言い分と被害状況を伝え、那覇市環境衛生課に連絡して多頭飼育している方、那覇市環境衛生課の言い分も聞いてもらうように連絡。

取り敢えず今できることはやったのでまた連絡待ち。

勧告・命令の権限は沖縄県にある

沖縄県動物愛護管理センターと話する

2022年1月5日追記

先日、沖縄県動物愛護管理センターと那覇市環境衛生課に電話をし、勧告・命令の権限がどちらにあるのか直接話してもらった。

そして、今日沖縄県動物愛護管理センターに連絡しどうなったのか聞いてみた。

「勧告・命令の権限は沖縄県にある」

とのこと。

今後の流れは

  1. 那覇市の環境衛生課にて「指導・助言」をしてもらう
  2. 「指導・助言」で改善が見られない場合は、沖縄県の動物愛護管理センターにて「勧告・命令」をしてもらう

という流れになった。指導、助言に関しては既に2ヶ月以上経過しているんだけど、期限を決めてもらわないと一生「指導・助言」止まりだよね・・・

那覇市環境衛生課と話する

沖縄県動物愛護管理センターと那覇市環境衛生課との会話・確認は出来ているとのことなので那覇市環境衛生課に以下のことを確認してもらう。

  1. 那覇市環境衛生課では「指導・助言」までしか出来る権限がないので、その効果・結果が見える期限を決めてもらう
  2. 1の期限までに効果、結果が見えなかった場合は沖縄県動物愛護管理センターに引き継いでもらう
  3. 沖縄県動物愛護管理センターにて「勧告・命令」の検討、実施をしてもらう

まず、期限を決めないことには「努めなければない」という条例の文章に沿うと不当な猫の飼育をしている人が「努力はしている!」と答えるとそれ以上の事は出来ないということ。

期限を決めることで勧告・命令の権限がある沖縄県に今回の内容を引き継いでもらえると思う。

バイクのジャンプスタートをやりやすいようにDIY

2022年1月9日 追記
猫の小便のせいかどうかは証明できないけど、バッテリー上に毎日のように小便をされるわけだからそのせいにしたくなる。

どこかで漏電するようになってしまったのか分からないけど、猫の小便問題が解決するまでは修理する気にもならない。結局修理代も自腹なんだし・・・

マジェスティは足起きのマットを外しバッテリーカバーを外してやっとバッテリーが見える。そしてモバイルバッテリーのジャンプスターターのワニクリップで端子を挟んでジャンプスタートが出来るんだけど、バッテリーの端子が小さいのでとてもやりづらい。そして、エンジンがかかってもエンジンを止めずにマットやカバーをもとに戻すことが困難。

そこで、休みの日にハンドル下のボックスまで配線を伸ばし簡単にジャンプスタート出来るようにしておいた。

ビッグスクーターのバッテリーあがり対策 - 軽トラックのアウトドア仕様カスタム・DIY
バイクのバッテリーあがりの時にモバイルジャンプスターターのワニクリップがはさみづらいのでボックス内までの配線を延長しジャンプスタートしやすいようにした。

那覇市役所 環境衛生課から連絡

2022年1月11日追記
環境衛生課から電話連絡があった。内容は以下。

  • 近所の多頭飼育で10匹ほど猫を放し飼いにしている人は引き取り手を見つけて残り5匹に
  • 環境衛生課の職員が近所を回ったところ白・黒のブチネコが居てそのネコの飼主は不明。野良猫なのでは?
  • ブチネコの写真を撮影したのでそのネコを駐車場で見かけないか確認するために自宅のポストに写真を投函しておく

上記3点。丁度年末、年始に駐車場で2度ほど白黒のブチネコは見かけていた。超音波発生機があるにも関わらずくつろいでいた。

あと、年始からバイクに小便されていない。これはもう少し様子見。

那覇市役所環境衛生課の担当者の方も注意までの権限がないので、それを永遠と繰り返すしかない。今回、多頭飼育や放し飼いの改善期限を決めてもらうようにお願いしてからかなり対策や話が具体的になってきたと思う。

年始からバイクに小便されていない

2022年1月20日追記
猫を10匹くらい放し飼いしていた人が5匹ほど里子に出したおかげなのか年始からバイクに小便はされなくなった。

相変わらずシートに足跡はつけられている。

小便をしていた猫とシートを足場にしている猫は別の猫だったのかな。

バイクは廃車、新車購入

猫の小便で漏電箇所ができたバイクは、メインキーを回さなくてもライト類が付くようになった。メインキーを交換しても治らないことから、バッテリー周りのなにかから漏電しているようだけど修理代も物凄いことになりそうなので廃車。

新車で購入したバイクにも小便が・・・

通勤用にバイクは必要なので新車で購入。

春くらいにはほぼ見かけなくなった野良猫も梅雨時期くらいから見かけるようになり、新車のバイクもマーキング対象になってしまった。

ほんとムカつく。

市役所に連絡

新車のバイクにも小便されるようになったので、市役所へ連絡。近所で見かけた野良猫・放し飼い猫は写真で撮っておいたのでそれも一緒に送る。

不思議なことに、市役所に連絡して数日後には猫は見当たらなくなり小便の被害がなくなった。

野良猫何じゃなくて放し飼いの猫が犯人?

対策にかかった金額・被害額

超音波発生機5,045円
猫用忌避剤615円
バイクのシートの張替え2~3万円(未定)
バッテリー5,980円
トゲトゲシート644円
猫用忌避剤615円
バッテリー5,980円
携帯用ジャンプスターター6,707円
バイクの買い替え400,000円
プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

釣り用のサンバートラックのブログはこちらです。
軽トラックのアウトドア仕様カスタム・DIY

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました