赤帽仕様サンバートラック自作

赤帽仕様のサンバーにハンターボート用キャリアを作る

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

軽トラが欲しい

ホンダのアクティバンは、荷台に後輪の出っ張りもなく良い車だった。エンジンもエアコンも全体的に元気。しかし、車検は残り1年。ルーフキャリアの雨樋がそろそろやばくなってきているし次を考えていた。

赤帽サンバー

沖縄宝島で安くていい感じの軽トラがないか見続けてなかなか「これ!」という軽トラが見つからず数ヶ月。友人が「赤帽仕様のサンバーが載ってるよ!」と教えてくれた。

  • 赤帽専用4気筒EGIエンジン
  • パッド摩耗警報付 フロントベンチレーテッドディスクブレーキ
  • 収納式ハンドブレーキレバー
  • 2段階開度リヤゲート(パネルバン)
  • 電源用ハーネス
  • 高照度ルームランプ(トラック・パネルバン)
  • 専用デザイン、強化レザー表皮の専用シート
  • 20万kmまでは定期メンテだけで乗り続けられるパーツ

赤帽仕様で色々専用パーツが使われていることは理解したけど・・・

  • 赤帽仕様だし、バンタイプじゃないの?荷台むき出しの赤帽の車なんて見たことない。
  • ホロが付いていたら外して捨てるのどうする?面倒。

という感じで、「これも駄目じゃん!」って思いながらもとりあえず問い合わせをしてみる。

すぐに返信が届き、翌日釣り中にボートの上から色々質問。

普通の軽トラでホロなども付いていないとのこと。丁度名護の方ということなので釣りの後に現車を見に行ってみた。

年式の割には錆も少なくメンテもしっかりしている様子。チャイルドシートも乗っていることから普段から乗っていると予想。

特に致命的な不具合も今の所ないようなので購入を決める。

そこからは名義変更などを終わらせて翌週金曜日に取りに行った。早速、エンジンはクラッチ踏まないとかからないと知らずに焦ったり、帰りのガソリンスタンドでガソリン給油口の開け方が分からなかったりとあったけど問題なし。

赤帽仕様のサンバー

ハンターボートを乗せるためにキャリアを作る

次の車は軽トラにする!と決めてから釣りに行くたびに色々な人の軽トラを見せて貰っていた。溶接できる人の荷台は上等だったけど、車の溶接は以前のジムニーSJ10で無理だったので諦め。

単管パイプで作るのが手っ取り早いかなと、以前から「こんな感じ?あんな感じ!」と友人に相談。

当初、荷台に単管パイプをボルトで止めようと考えていたけど、キューブ型にして荷台に置くだけで大丈夫じゃない?ってことで、直方体の枠だけ作ることに。

単管パイプを選ぶ

ホームセンターに行ってみると、3種類ほどの太さの単管パイプがあった。一番細いものでも良さそうだったけど、ジョイントが一番太いものしか揃ってない。ジョイントで出来が決まるしかなり重たくなるだろうけど、48.6mmの単管パイプで作ることにした。

赤帽仕様のサンバーにボートを乗せるためのキャリアを作る。単管パイプのジョイント。

次回作る時は、通販でジョイントは揃えて細い単管パイプで作るかな・・

単管パイプをカットする

6mの単管パイプは持ち帰ることができないので、事前に測って置いた長さでカット。ジョイント部分を加味していないので多分少し長いけど、事務所にチップソーあるから問題なし。

単管パイプをカット
カットした単管パイプ

単管パイプを組み立て

後は現物合わせをしながら単管パイプをカットしながら組み立て。失敗することもなくいい感じに完成。

ロッドホルダー

バンタイプの時はリアハッチから運転席の上のあたりまでロッドホルダーを通して持ち運んでいたけど、今回は軽トラ。そういうのが無理なので、塩ビパイプで制作。

初日は「事務所にある塩ビパイプで行けるはず!」と塩ビパイプを買わなかったけど、サイズが合わなかった。アクティを中古車屋をやっている後輩のところへ持っていく時に、一日橋メイクマンで見てみたけど、2mまでしかない。

仕方がないので翌日日曜に浦添メイクマンで購入。しかし、2mか4mという選択肢。4mを230cmにカットして持ち帰る。

そして、キャリアと固定して出来上がり。

塩ビパイプの中でロッドがカタカタ動いたらどうしよう・・という心配も昔から使い続けているアブガルシアのロッドケースごと塩ビパイプに入ったので解決。

塩ビパイプでロッドホルダー。既存のロッドホルダーごと収納。

既製品・自作のメリット、デメリット

キャリアは既製品も検討したけど、海で使う限り必ず錆びる。今までも何度ルーフキャリアを買い替えたことか・・・

値段に限らず2年ほどで必ず錆びる。買い替えのタイミングを「もう少しは大丈夫だろう・・」と伸ばすと、想像よりもひどい状態だったりと恐ろしい。

既製品のメリット

  • 比較的に楽に取り付けできる?
  • ショップに色々相談できる。

既製品のデメリット

  • しっかり洗っても結局錆びる。1~2年毎に買い替え必要。
  • 錆びた箇所だけの交換はできない。
  • 既製品なので自分の思った通りの形にはできない。
  • 高い

自作のメリット

  • 錆びた箇所のみ交換できるように作ることができる
  • 安くで作ることができる
  • 自分の使いやすいように作ることができる

自作のデメリット

  • 作ってボートを乗ってけ見るまで十分なのか不明
  • 材料を自分で揃えないといけない
  • ある程度の工具がないと結構厳しいかも

既製品は、錆びた時に錆びたところだけ交換できるわけではないので全部買い直し。ってことで、

単管パイプで自作する料金よりも既製品のほうが安ければいいけど、そういうわけではないので単管パイプで自作。

塗装をまだやっていないけど、大体32,000円くらい。単管パイプで作ったほうが安いし、錆びたパイプやジョイントは都度交換できるので断然DIYしたほうがいい。

ボートを乗せて揺らしたりしてみたけど、ルーフキャリアのときよりも断然しっかりしていていい感じ。でも、正直ジョイントさえホームセンターに売っていたらもっと細い単管パイプでも十分だったと思う。

スポンサーリンク
kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました