TALEXレンズをガラスレンズにした件

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
TALEXのガラスレンズ

ガラスレンズの場合は店舗に在庫がなく注文。1週間かかると言われていたけど3日ほどでできたらしく完成の電話がきた。

今回は前回より少し可視光線透過率の高めのラスターブラウン。

TALEXレンズ「ラスターブラウン」
スポンサーリンク

重たくなった?

ガラスレンズにしてみて、「重たくなる」と思っていたけど、それは気になる程でもない。フレームが頭にあってるからかな?

重たくなるというよりしっかりした感じになった。プラレンズの用に変形することがないので、カッチリした感じになった。とてもいい感じ。レンズが歪むってことは、視界も歪むってこと。

視界の歪みがなくなった

TALEXのプラレンズではそんなに気になったいなかったけど、ロードバイクに乗っている時にかけていたサングラスで歪みが気になっていた。レンズを通して見える部分と、レンズなしで見えてしまう視界にずれが発生していた。

特にメガネの縁のレンズとレンズなしで見えてしまう部分。このどうでもいい箇所の歪みがなくなった気がする。

特に必要な情報ではないはずなんだけど、この歪みがないと目が疲れない。

クリアになった?

プラスチックレンズよりも、ガラスレンズの方がクリアと言われるけど、色を変えてしまったのと、新品レンズなので正直分からない。少なくとも最後のプラレンズのときよりクリアにはなった。

偏光の具合が変わった?

特に問題は無いんだけど、ほんの少し以前のプラレンズと比べて液晶が黒くなる角度が変わった。これってガラスレンズにしたからなのかは不明。

後は1年ほど使って見るだけ

ガラスレンズが傷に強いって言われているけど使ってみないと分からない。頭から波を被って乾いて炎天下にさらされるという過酷な環境。1年持つといいな・・

物欲
スポンサーリンク
kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました