リールのメンテナンスに使えそうな精密プライヤー

スポンサーリンク
物欲リールメンテナンスメンテナンス
この記事は約1分で読めます。

私の使っているオシアジガーは8回使ったらオーバーホールします。全部バラバラにして清掃しまた組み立てます。

毎回のように飛ばして焦るのがクラッチで使う部分の小さなバネです。

外すのは飛ばないように外せばよいのですが、取付時に毎回のように飛ばし、床を這いつくばって探します。

DEENのピンセットラジオペンチを購入しとても楽にはなったのですが、もう少し小さいサイズのものは無いのか探していました。

先日、神戸に出来たGIGAファクトリーギア神戸に行った際に、良さげな精密プライヤーを見つけました。

店内でお試しできるので、トレイにあったエナメル線を掴んで引っ張ってみました。あんなに細いのにプライヤーから抜けません。

これは使えそうと、下記を購入。

室本鉄工 メリー FBP30 骨抜きプライヤー

室本鉄工 メリー FBP30 骨抜きプライヤー

2,391円(05/20 14:45時点)
Amazonの情報を掲載しています

用途は釣った魚の小骨を抜くための商品のようですが、本当に精密です。

次回のオーバーホール時にはこれを使ってみる。

プロフィール
kaw

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

釣り用のサンバートラックのブログはこちらです。
軽トラックのアウトドア仕様カスタム・DIY

kawをフォローする

コメント

こちらもオススメ

タイトルとURLをコピーしました