Accurate BX-600XW インプレ

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

Accurate BX-600XWを使えた。台風のため1週間は眺めているだけだった。

スポンサーリンク

握れないほどのサイズでもない

ジグを付けてシャクってみた。オシアジガー3000HGより大きくはなっているけど、握れないほどではない。サイズ的には問題ない。

重たいけど問題なし

リールとラインをあわせて1kg近くになるけど、ジグを付けてシャクったら一緒。重量も気になるほど重たくなはい。

シャクった感じはとにかく重たい

例えば、水深200mのポイントでジギングをしていたとして、オシアジガー3000HGは、PE670mのうち、200m位を出してしまう。3分の1は放出したスプール径で巻き取るので、PEを出せば出すほど、ハンドル1回転で巻き取れるPE量は減る。なのでハンドルも軽くなる。

Accurate BX-600XW はPE3号が1800mちょっと巻ける容量。200mPEを出したって対してスプール径は小さくならない。なので、ほぼMAXの巻取り量になる。

ロッドは、IRONWILL IWPS-585BW+PF。水深200mで400gのステイをシャクってみた。正確にはしゃくれなかった。バルクアップさせるウェイトトレーニング並にくっそ重たい。300gのステイに交換してみたら一応動かすことはできるけど、動かすので精一杯。ジギングに程遠い。

300gのランスをシャクってみた。一応しゃくれた。メバチマグロが釣れた。

次回はロッドを変えてみる

潮も動いていないのに、400gのジグを使う必要ないので次回はゲーム タイプJ B605につけて試してみる。

どちらにしても今の体力じゃ8時間シャクリ続けられない

どちらにしても、今の筋力・体力じゃ8時間シャクリ続けることはできない。自分の体の方もなんとかしないと・・・

タックル
スポンサーリンク
kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました