ダイワから継ぎ無しジギングロッド対応ケース発売

スポンサーリンク
物欲
この記事は約1分で読めます。

ジギング用のロッドって各メーカーがいろんな長さの商品を出している。2本継ぎのロッドなら大抵のロッドケースに入るんだけど、継ぎなしのロッドはそれが入るケースは絞られる。

そんな中、ダイワから1.4m~2.2mの長さに対応したロッドケース(SL ロッドケース)が発売されるという記事発見。

LureNewsR
ダイワ(DAIWA) SL ロッドケース (A) 220S-ML ブラック

ダイワ(DAIWA) SL ロッドケース (A) 220S-ML ブラック

6,820円(10/26 02:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

以前、プロックスのハードロッドケースを購入したけど、ハンターボートを車の上に載せている状態ではリアハッチが十分に開かない。色々頑張れば積み込みできるんだろうけど、色々頑張って時間をとるまでもないので、不採用にした。

いつか遠征に行くはず・・・それ用で保管。

220S-ML(A) スペック

品番外寸自重メーカー希望価格JANコード
220S-ML(A) 約9×9×143~223 約1.3 6,200 085024

セミハードで軽くて伸縮できるロッドケース。これは良いかも。

プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました