2馬力ハンターカヤック

ビーストマスター2000でやっとカンパチ(小)が釣れた

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

天気とか潮

土曜は波が残り、日曜は風が少し強めという週末。日曜の風はギリギリ大丈夫だろうということで日曜に釣りに行ってきた。

晴れ 気温18度前後 満月大潮

2021年1月31日。ハンターカヤックで久々のジギング。

ハンターカヤックなので水深100m前後の浅場

ハンターカヤックなので、水深100m前後の浅場で釣り開始。うまく深場に流れてくれればそこもやりたいと思いながら流してみる。でも、風は弱いわけでもないのに、大潮で潮も動きうまく釣り合ってあんまりハンターカヤックは移動しない。

今日もずっと結果の出ない電動リール(ビーストマスター2000EJ)でジギングを開始。

前回の古宇利島でのジギングの時に、ジグを動かし過ぎていたってことに気づきそのあたりを今回修正。電動リールだからグィングィン動かすのではなく「本当にこんなに楽していいの!?」ってレベルでOK。

しばらくして、ゴンっとあたりが来る。多分カンパチ。電動リールの巻取り速度ってホント難しい。早すぎると口切れしちゃうし、遅いとテンションが弱い。

やっとビーストマスター2000EJでカンパチ[沖縄・ハンターカヤックでジギング]

弱めにしたつもりだけど釣れたサイズとロッドの曲がり具合を見直してみると多分巻取り速度早すぎ。上げる時にカンパチも暴れるので美味しく食べるためにはもっとゆっくり目で回収する必要あり。

このサイズなら群れがいるはず!とすぐにジグを落とし同じくらいのサイズが上がってきた。

立て続けに小さなカンパチ

その後はエソ。

風が強くなってきたので12時撤退

予報より風が強い気がしてきたくらいに、ペロペロ丸から撤退の連絡がある。風向きも変って潮も弱くなり浅場に流され始めていたので同じく撤退。

釣果

電動ジギング(ビーストマスター2000EJ)でカンパチ
スポンサーリンク
kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました