船でジギング

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

二月風周りでカヤック出すには難しいシーズンなので、今回も船でジギングです。

今回は、3名で借りるという贅沢ジギング。お祭りすることもないでしょう。

船長も予報が当たらないのでポイントどうしようかと悩んでいましたが、南部の東海岸は完全アウェイです。いつもカヤックを出しているポイントの状況だけ伝えて全部船長におまかせ。

午前中最初に来たのは、生体反応のないなにか。スーパーのレジ袋(大)でも釣ったのかなと巻き上げてみると、アカイカ。釣りとしては作業みたいに巻くだけなのであれですが美味しそうなので上がってきたら嬉しい。

その後、月入りの時合でカンパチ2匹、マチ系のなにかオオモンハタなどポコポコ釣れてその後はまた静かに。

昼過ぎにもう一匹アカイカ釣れて仕返しされる(笑)

そろそろ、最後のひと流しの時間帯で船長が大物かけたらしく船内全員仕掛けを上げて見守ります。船長のタックルでは魚を寄せられずに、船長は船をバックさせます。ライン切れても良いから巻けるだけ巻いて!と手渡さ巻いてみるけどほとんど巻けません。船をバックさせるとその分だけ少し巻けたまにブルッっと生態反応があります。巨大な岩ではないのは確かだけどハタでもなさそう。

20分~30分ほど格闘したっ結果上がってきたのは・・・・


2mを余裕で超えているサメ・(笑)

その後、また船長が巨大な何かをヒットさせます。今度はタックルそのまま渡されラインが切れてもいいから上げろ!と言われます。15分くらい格闘して上がってきたのはやっぱりサメ(笑)

サメで夕まずめが終わり港へ戻ってきました。

3名でこの釣果なので満足な釣りを楽しめました。



船釣果
スポンサーリンク
kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました