完全坊主

スポンサーリンク
船釣果
この記事は約1分で読めます。

古宇利島の遊漁でジギングをさせてもらった。朝6時集合とのことだったので5時半には現場に到着して準備。初めてサンバートラックに取り付けた作業灯を使った。めちゃくちゃ明るくていい感じ。直接見ると目がくらむほどの明るさw

6時半くらいには出港。午後過ぎくらいまでは潮も穏やか。しかし、あたりがない。

そして、ナブラが起きてるときに表層でカツオがかかるもバラし。完全坊主。

ハンターボートでのジギングとの違いは、船長がなるべくまっすぐラインが落ちてくれるように微調整してくれるところ。これをやってくれないとジグは船から大きく離れて大変なことになる。

この船の調整の対策をなんかしないと駄目っぽい。結構S字に大きくラインスラッグが出るので手動だとこれを取るのに30回転ほど。カンパチが釣れる層は終わってしまっていそう。

電動リールで300~500gのジグを落とすと比較的ラインスラッグは少ない。が・・・1年くらい電動ジギングでは結果が出てない。良いサイズのカンパチが釣れたことがない。

もうちょい電動リールを研究してみる。

プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました