泳がせ釣りに連れて行ってもらった

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

平日だったけど仕事を休んで釣り。「泳がせ釣り」に連れて行ってもらった。タックルは一切持っていないのですが、仕掛けからタックル一切を借りて・・

スポンサーリンク

那覇→伊江島沖

那覇出港だけど伊江島の近くまで行くとのことで、AM5:30港集合。ジギングしかやったことないので、船の上で何を手伝ったらいいのかさっぱりわかりません。手伝うふりもできるけど、じゃまにならないところでじっとしておいた。

約二時間半でポイントに着く。最低気温13度予報だったが服を間違った。くっそ寒い。

ムロアジ釣り

ムロアジの仕掛けが長いからか、船首の2人のみムロアジ釣り。他の人はひたすら釣れたムロアジを生簀に入れて行く。船長は魚探を見ながらイーターに食いあげられていなさそうなところを選んで言ってるっぽい。

泳がせ釣りスタート

ムロアジもそこそこ釣れたので、泳がせ釣りのポイントへ移動。生簀に入ってるとはいっても半分くらいは死んじゃうっぽい。

作ってもらった仕掛けにムロアジをかけて沈める。電動なので回収らくちん。しかし、、、、船内誰も釣れない。生きていたムロアジもどんどん減っていく。

一回あたりがあったけど、フッキングが不十分だったのか、合わせが早かったのか回収中に外れる。

一回目、誰も釣れず・・

生きているムロアジがいなくなったのでもう一度ムロアジ釣り。その後も船内誰も釣れず。

釣れないのでよく分からなかったけど、とりあえず借りた道具で釣りするのは嫌だな・・・

冬場の船釣りの服装

沖縄って言っても寒いものは寒い。船だから塗れないってことはないし、濡れるととても寒い。長靴内に水が入ったりとか恐ろしいので多分冬場の船釣りはウェイダーがいいと思う。

船釣果
スポンサーリンク
kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました