釣った魚を〆たり捌いたりするナイフ

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

数年使い続けていた釣り用のナイフもどんどん細くなってきてそろそろ買い替え時と釣具屋で適当に安いステンレスナイフを購入した。

開封後研いであるものと思っていたけど全然切れない。仕方がないので軽く研いでみた。全然ダメ・・・ダイヤモンド砥石からやり直して見るもののやっぱりダメ。砥石が丸くなってるのかな・・と、刃の黒幕を購入。それでもダメ。何度やり直してもダメ。

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 #1000

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 #1000

2,982円(09/24 00:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

シャプトン 刃の黒幕 エンジ 仕上砥 #5000

シャプトン 刃の黒幕 エンジ 仕上砥 #5000

4,355円(09/24 00:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

何度もやり直してもダメなのでナマクラ認定。刃物って研げば切れるようになるものだと思っていたけど、ダメなものはダメ。捨てた。

釣具屋で売ってる「水に浮く」って書いてあるナイフ、あれはナマクラ!

ナイフもちゃんとレビューを読んで購入するべきだと思った。

購入したいナイフの条件は

  • ステンレス製
  • ハードケースがついてる
  • ウロコ取りがついている

以前から、G・サカイの「サビナイフ」が気になっていたけど、ウロコ取りがない。

色々探していると、G・サカイのアウトドア用のナイフを見つけた。上記の条件に合う。贅沢を言うともう少し細いほうが好みだけど、問題なさそうということで購入。先日届いて刃を見てみた感じ切れ味もいい感じ。

G・サカイ アウトドアミニクッキングナイフ 10846

G・サカイ アウトドアミニクッキングナイフ 10846

2,995円(09/24 00:25時点)
Amazonの情報を掲載しています
物欲
スポンサーリンク
kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました