海保とクブシミ

スポンサーリンク
カヤックフィッシング釣果
この記事は約1分で読めます。

先々週のブログを書き忘れ。

アメリカチーム4人。日本チーム8人の大船団でした。風は弱いけど昼から少し風が出てくる予報。

まずは朝場でお土産ゲット。


しかし、風が弱すぎてこのままでは沖に行けないと判断し自力で沖へ移動。しかし、魚探に反応なし・・・・

フォール中に何か当たった!と思ったら


その後特に当たりもなし。黙々とジグをシャクっていると後ろから物凄いスピードで近づいてくるエンジン音。振り向いてみると海保w


何か注意されるかな・・と頭をよぎりましたが思い当たる節がありません。

海保「何か釣れました~~~?」

何かの訓練中なんですかね・・・少し会話するとやはり昼以降から風が強くなるかもしれないとのこと。

これ以上粘っても釣れる気もしないので、ミーバイ・クブシミのみで撤退。陸に戻る間も少し遠くで海上保安庁の船が見守っていてくれました。


プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました