ガソリン携行缶が入るクーラーボックス

スポンサーリンク
物欲
この記事は約1分で読めます。

ハンターボートで釣りに出る時は、10Lのガソリンを持っていく。給油は多くても2回程度だから5Lでもいんだろうけど、念の為・・・

携行缶は直射日光に当てたくない。クーラーバッグがいい感じで使えていたんだけど、ボート言っても海水は入ってくる。ソフトタイプのクーラーバッグだと結構中にしみて着ていた。携行缶が錆びるのも嫌だし、ハードなクーラーボックスはないかと色々さがしていた。

コールマンのクーラーボックスで良さげな大きさのものがあった。

内寸が不安だったけど、意外といい感じでハマった。

ガゾリン系交換をクーラーボックスに!
ガソリン携行缶がピッタリはいるクーラーボックス

少し場所は取るけど、クーラバッグより直射日光の熱対策になるだろうし、携行缶が海水で濡れないはず。

プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました