セラミック砥石(刃の黒幕)

スポンサーリンク
物欲その他メンテナンス
この記事は約2分で読めます。

釣った魚を締めるためとか、万が一サメと戦わないと行けない状況になったりとか、ロープを切ったりとか何かとナイフは重要。友人からセラミック砥石というのを教えてもらった。普通の砥石よりも表面が丸くなりづらいとのこと。

スポンサーリンク

とりあえず、5000番

どの番手が良いのかよく分からずにとりあえず5000番を買ってみた。

シャプトン 刃の黒幕 エンジ 仕上砥 #5000

シャプトン 刃の黒幕 エンジ 仕上砥 #5000

4,355円(10/19 06:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

しっかり「仕上砥」と書かれているだけ会って、仕上げ用だった。ナイフは無駄に鏡面仕上げになった。

1000番を買ってみた

5000番じゃ、仕上げ砥すぎるのでもう少し荒い番手が欲しいということで、1000番を買ってみた。

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 #1000

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 #1000

3,336円(10/19 06:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

中砥と書いてあるだけ会って、かなり荒い。これで研いで10000番で仕上げるといい感じ。

3000番ってないの?

ちょうど間の3000番くらいが欲しいけど・・・Amazonでは見つからない。2000番ならあるけど、砥石一つで済まそうとすると2000番じゃなくて3000番な気がする。

シャプトン 刃の黒幕 グリーン 中砥 #2000

シャプトン 刃の黒幕 グリーン 中砥 #2000

3,218円(10/19 06:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました