瀬長島から手漕ぎボートで沖に 70代男性が行方不明

スポンサーリンク
ニュース
この記事は約2分で読めます。
  • 2023年12月3日に素潜り漁をするために手漕ぎボートで沖に出る
  • 2023年12月5日午前に友人が戻ってこないと通報
  • 70代男性
  • 瀬長島から手漕ぎボートで沖に出る
  • 北西の風10m/s
  • 2023年12月4日から波浪注意報が発表
  • 2023年12月6日午前9時過ぎ渡嘉敷島の海岸に漂着している所を救助

3日は天気予報が外れ午後くらいから風も強くなってきました。風速10m/sだと手漕ぎボートでは自力で戻ってくるのは結構厳しいかと思います。

どこか近くの島に避難していてくれれば良いのですが・・・

手漕ぎボートで瀬長島から沖に出た70代の男性の行方がわからなくなり、第11管区海上保安本部などが捜索を続けています。

行方不明になっているのは那覇市に住む70代の男性で、素潜り漁をするため3日に手漕ぎボートで瀬長島から沖に出ましたが、一向に帰ってこないことから5日正午前に友人が通報しました。

第11管区海上保安本部や消防・警察が捜索にあたっていますが発見に至っていません。

現場付近の海上では北西の風が10メートル吹いていて、豊見城市には4日から波浪注意報発表されています。

瀬長島から手漕ぎボートで沖に 70代男性が行方不明
スポンサーリンク

渡嘉敷島沖で救助 命に別状なし

2023年12月6日午前9時過ぎに、渡嘉敷島の海岸に漂着している所を近くを通ったダイビング船が救助。

男性はウェットスーツを着用していて、命に別状なし。

途中で船が転覆

那覇海上保安本部によると、男性は「天候悪化のため帰れなくなり、途中で船が転覆した」と話しているとのこと。

プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

釣り用のサンバートラックのブログはこちらです。
軽トラックのアウトドア仕様カスタム・DIY

kawをフォローする
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

こちらもオススメ

タイトルとURLをコピーしました