カヤックでの釣りでジグをフルキャストしてもあまり意味がない

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

コルトスナイパーでカヤックで釣りをしています。10m~50m位の水深のポイントで釣りをしていた時にはそこまで気にならなかったのですが、水深100m位の水深になると着底する頃には、カヤックのすぐ手前までジグが来てしまっています。

パラシュートアンカーをカヤックの後ろに付けて風に流されながら釣りをしているのである程度は仕方ないと思っていました。

50~60g位のジグが軽すぎるんだと思い、上限の80gをフルキャストしてみるものの、思ったほど効果が得られません。

着底時に手前まで来てしまうと100mの水深からシャクるのはかなりの重たさです。もっと深いと80gのジグ+PEの抵抗でロッドが反発してくれません。ずっとしなりっぱなしです・・・重たいのでうまくしゃくれずに釣れませんw

カヤックが風下に流される+PEの抵抗でジグがカヤック側に引っ張られる事で着底時にカヤックの手前まで来てしまっていると判断。

それだったらもっと重たいジグでジギングしたい!と思い色々な商品を調べてみました。ただ、私のカヤックで水深100m~のポイントで釣りを出来るのは、かなり気象条件の良い日に行けるくらいでそれでも流される事を考えるとそんなに長時間は出来ません。そんな短時間の為に高いロッドは買えません。

色々探しているうちに手頃な価格で90g~210gまでというロッドを見つけました。これだったら、パヤオへ船釣りに行く時にも使えそうな気もするし・・ということで注文。

コルトスナイパーは、3.05mあります。ヴァデル60MHS は、1.83m。これだけ短ければ真下からシャクる事になってもそこまで体力消耗市なさそうです。

そして、このヴァデル60MHSが2週間前に届きました。が・・・・嵐と別件の用事で2週間釣りに行けていません。今週末の天気に期待しまくりです。

その他
スポンサーリンク
kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました