ZWIFT

夜に運動すると睡眠の質が落ちる理由

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

Zwiftを初めてGarminのスマートウォッチを購入。Garminのスマートウォッチで計測できるBodyBatteryや睡眠の質は結構あたっていると思う。

数字と体調が概ね一致している。睡眠の質が悪いと朝が辛いしBodyBatteryも上がらない。逆の時は朝から元気。

睡眠の質次第で変わるんだなぁ・・と実感。

睡眠の質が悪くなる原因は前日の酒。これは前から知ってた!

もう一点がどうも夕方以降の運動。運動後、就寝時の心拍数がしっかり下がらない。睡眠の質は心拍数が就寝してどれだけ早い段階で心拍数を下げきるのかということに関係していそう。

スポンサーリンク

夜に運動しなかった時の睡眠

夜に運動をしなかった時の睡眠の質

睡眠時間はいつも6~7時間。夜に運動しなかった日は深い睡眠が1時間30分ほど。どうも睡眠の長さと朝の体調は関係ないっぽい。5時間ほどで目が覚めても深い睡眠がこれくらいある日は一日元気。

心拍数も就寝後2~3時間で60前後までしっかり落ちる。こういう時は深い睡眠時間も長くBodyBatteryも起床時に充分な数字になっている。

夜に1時間ほど運動した時の睡眠

夜に運動した時の睡眠の質

1時間ほど自転車に乗った時の睡眠の質。深い睡眠がほぼない。普段は目覚まし時計よりも先に目が覚めるけど運動した日の翌朝は目覚まし時計に起こされて目覚めも悪い。

「運動をしたから体が疲れていた」と思っていたけど、Garminのデータを見る限り深い睡眠がかなり少ない。0~10分ほど。

心拍数も起床時まで70前後のままで下がりきっていない日が多い。心拍数がしっかり下がりきらないので深い睡眠になりづらくBodyBatteryも寝たのに5しか増えてないとかになる。

スポンサーリンク
kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました