ジセーミーバイ

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

土曜の強風は収まり、風向きも東~東南東になる。午前中の早い時間は微風、午後前は少し強くなり午後からまた微風。

準備運動がてら浅場でミノーを投げてみるけど反応なし。

いつもの水深140m~220mのポイントへ移動中、良さげな潮のよれを見つけたのでジグをシャクってみる。たまに魚探の反応はあるものの、なかなか当たりがない。試行錯誤しているうちに一緒にカヤックを出している先輩がカツオゲット。

少しして、そこの方でモソッっとしたあたり。上がってきたのは50cmほどのジセーミーバイ。

今まで船で2度ほど釣ったことはあるが、カヤックでは初めて。そして、船の2回とも虫が入っていたので、人に上げてしまい自分で食べたことがないw

その後、いつものポイントに移動するものの潮が動かない・・・ジグがずっと定位置にあるので、入れ直さななくても永遠にシャクリ続けられるw

が・・どのジグに交換してもスカスカ抜けてしまい釣れる気がしない。すでに持ち帰るジセーミーバイがあるので気持ちも乗らないw

しかし、シャクっておかないと筋力が落ちてしまい翌週がきつい。トレーニングだと思ってひたすらシャクる。そして、早めに岸に帰る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました