MEIHO VERSUS/バーサス VS-3070

スポンサーリンク
物欲
この記事は約1分で読めます。

MEIHO VERSUS/バーサス VS-3070を使ってみた。

いろんなケースはあるけど、購入した理由はサイズ。ハンターボートの椅子の下にすっぽり入る。

サイズ:380×270×120mm
素材本体:耐衝撃性コーポリマー
止具:ポリプロピレン
蓋:ABS備考上下2段式でベイトリールも収納可能
可変仕切板上段12枚・下段5枚付
ワームプルーフ

ハンターボートはカヤックより広くなったとは言っても、広くなったら広くなったら持ち込むものが増える。ドカット5000にジグやフックや船外機の工具とかすべて入るんだけど、いろいろいじってるうちに中がごちゃごちゃになる。ってことで、ドカットにはあまり使わないもの。VS-3070によく使うものと分けることにした。


写真のような固定されている仕切りの他自分で更に細かく仕切ることができる。が・・沖でのジギングにはそんな細かく仕切る道具がない。固定の仕切りの幅がもう少し大きいほうがいいかな。

メイホウ(MEIHO) バーサス VS-3070 マットグリーン

メイホウ(MEIHO) バーサス VS-3070 マットグリーン

2,764円(10/23 22:49時点)
Amazonの情報を掲載しています
プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました