ノットアシストにもなるプライヤー SFノットに使えそう

スポンサーリンク
物欲
この記事は約1分で読めます。

釣りを初めて最初に習ったノットが電車結びでした。そして、まだ電車結びです。

最初の頃はすっぽ抜けたり、結び目から切れてしまったりなどなどありましたが、ここ最近は結び目から切れたり、すっぽ抜けたりということは皆無になりました。

電車結びでもしっかり結ぶと75%ほどの強度が出るそうです。FGノットなど有名なノットは一応youtubeなどで見たことはあるのですがこれじゃ手返し悪くなるじゃん・・とスルーしていました。

しかし、最近電車結びの限界が見えてきました。強度的な問題じゃなくリーダーの号数を大きくしたいという点でです。

10号くらいまではなんとか行けるのですが、12号・14号と太くなっていくとリーダー側を巻く時にPEがグネグネ曲がってしまいます。そうすると強い力がくわかるとそこの部分でPEがリーダーを絞めてしまい切れてしまいます。

色々探してカヤックの上でも比較的短時間でできそうな「SFノット」を見つけました。机の上では比較的短時間でできたのですがカヤック上ではまだ試していません。

カヤック上で、時間かかるようだっったらノットアシストも購入を考えないと・・と思っていました。が・・・・ノットアシストになるプライヤーも売ってるんですね(笑)

プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました