スポンサーリンク

HONDEX PS-511CN-WとPS-500C

物欲
この記事は約1分で読めます。

HONDEX PS-511CN-Wを使っているんですが、水深160mが限界。実用は水深150mってところでしょうか。GPSがついているんですが、GPSと魚探の情報は同時に表示できないので、GPSは使ってません。

カンパチを狙うには冬場でも水深200m位のポイント。魚探がエラー表示になってからはカンでしゃくることになります。水深300mとかまで使える魚探って幾らくらいするんだろう・・と調べていたら・・・・

HONDEXのPS-500Cが、水深300mまで対応です。これは後輩の去年の誕生日に送った魚探。PS-511CN-Wより1万円ほど安いモデルw

これは・・・・交換してもらうしかないなw


出力・周波数が一緒なんだから最大深度は変わらないはず!とご指摘をうけてHONDEXに電話して質問しました。
結果、500Cの方は目盛りはあるけど、PS-511CN-Wと最大深度は同じくらいだそうです(笑)

50kHzを使った魚探ならもっと深い所を探れるそうですが、ちょろっと検索してみた所30万~50万円www

プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

釣り用のサンバートラックのブログはこちらです。
軽トラックのアウトドア仕様カスタム・DIY

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました