ピンセットラジオペンチ

スポンサーリンク
物欲リールメンテナンスメンテナンス
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

オシアジガー内の小さなバネ

オシアジガーをオーバーホールする際に一つだけものすごい小さなバネがあります。このバネはものすごく小さく、取り付けの際にテンションをかけて取り付けする必要があります。

拡大鏡をかけて手作業で取り付けしていたのですが、固定がうまく行かないと何処かに飛んで行って二度と見つかりません。

安いパーツなので予めいくつか準備しておけば良いのですが、「他のパーツを注文する時に・・」と考えて毎回忘れてしまいます。

このバネをモヤモヤしながら固定するのもストレスなのでピンセットプライヤーを購入しました。

DEEN ピンセットラジオペンチ

ピンセットラジオペンチは、ピンセットのように細かいものを掴むことができ、ラジオペンチのように強い力で対象物を掴むことができる工具です。

普通のラジオペンチだとオシアジガーのバネに対して大きすぎるため使えません。ピンセットだとテンションをかけて取り付けする際、掴む力に不安があります、。

そこで、ピンセットラジオペンチを購入しました。

ファクトリーギア 沖縄サテライトに丁度在庫がありました。

この手のラジオペンチを選ぶ時の基準は、

  • かみ合わせが揃っていること
  • ヒンジ部分にガタが無いこと
  • 先端より少し手前に少し隙間がありしっかりしなること

これで選びます。

かみ合わせが揃っていないと、掴んだものがズレて落としてしまいます。軽く閉じてみて、先端部分がしっかり閉じているか、ズレていないかを確認します。

ヒンジ部分にガタがあると、掴んでいるものにうまく力が伝わらず落としてしまいます。ゆっくり開閉してみて、ガタが無いかの確認をします。

先端より少し手前に隙間があると、物をしっかり掴んだ時に隙間部分のシナリを使いしっかり掴むことができます。小さなものでもしっかりつかみやすくなります。

ラジオペンチの先端に少し隙間がある

この隙間はグリップを握ると閉じます。このシナリで先端で掴んだ細かいパーツをしっかりホールドします。

また、ラジオペンチには刃あり・刃なしとありますが、今回「細かい物を掴む」ということに特化した刃なし一択でした。

そして、購入時にストレートタイプと先曲がりを迷ってストレートを買ってきたのですが、結局後から狭いところでも使うかもと、通販で先曲がりも購入しました。

DEEN ピンセットラジオペンチ
DEEN ピンセットラジオペンチ・ベント

前日に、別の店でフジ矢のピンセットラジオペンチも見かけたのですが、細かい物を扱う工具なので実際に触って試せるファクトリーギアでの購入になりました。

フジ矢(Fujiya) ピンセットプライヤー 150mm 303-150 ブルー

フジ矢(Fujiya) ピンセットプライヤー 150mm 303-150 ブルー

1,424円(04/10 05:15時点)
Amazonの情報を掲載しています
プロフィール
kaw

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

釣り用のサンバートラックのブログはこちらです。
軽トラックのアウトドア仕様カスタム・DIY

kawをフォローする

コメント

こちらもオススメ

タイトルとURLをコピーしました