釣行後にボートと車の塩をきれいに流す

スポンサーリンク
ハンターボート300メンテナンス
この記事は約2分で読めます。

釣行後、帰ってきてから車とボートの塩を流す。これまではホースを摘んでプシャーってぶっかけていた。が・・意外とムラがあるようで数日後車体に塩の結晶が・・ってことがある。指でホースを摘んで車の上に積みっぱなしのボートに水をぶっかけるわけだから当然っちゃ当然。

そこで、ちゃんとシャワーを取り付けてむらなく流そうとこれを購入。

細かいシャワーで流しているしきれいに流せていそうと思ったけど、やっぱり塩の結晶は残っていた。ボートの内側から塩がきれいに落ちていないらしい。根本的に水を流す時間が足りていないと思われ。

もっと、長時間丁寧に内側にも水をかけ続ければいいんだろうけど、早朝の暗いうちに出発して帰ってくるのは夕方。クタクタでなるべく早く片付けは終わらせたい。

そこで、ボートの内側を洗うように、スプリンクラーを購入。

これなら、ボート内部を勝手に流してくれそう。スプリンクラーを回している間に他の片付けができる。そして、このスプリンクラーは、多分上のホースのシャワーのコネクタを外して付け替え可能。これで少しだけ片付けが楽になるかな。

プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました