ボートを車に乗せたまま潮を流して車の錆対策

スポンサーリンク
メンテナンス
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

釣行後はボートをしっかり洗う

ハンターボートが丈夫と言っても、塩がついたままだと多分痛むのは早い。ホースで外側は流せるんだけど、車とボートの隙間が狭いので内側は洗いづらい。

これを買うと水道蛇口も 散水ノズル 部分もジョイントになっているので色々付け替え可能。

散水ノズルの代わりにスプリンクラーをつけて車の屋根に乗っけておく。スプリンクラーが回ってる間に、他タックルの片付け。

ほんの少しだけ片付けが楽になった。そして、残る塩も劇的に少なくなった。

プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました