フックが手に刺さった・・・

スポンサーリンク
自作その他
この記事は約2分で読めます。

そんな大げさに動いたわけでもないけど、ふとした事で昔のアシストフックが手に刺さった・・・


以前カヤックの上で太ももに指した時も結構苦労して引き抜いたけど、今回は運悪く右手。左手だけでなんとかしないといけません。

とりあえずグリグリやってみますが、びくともせず。そのまま貫通させられないかな・・と押し込んでみるけど押し込まれただけで悪化。根本錆びてるから豪快にも出来ないし・・・貫通させきれずw

フックって刺さって少しでも時間かかると肉が固まってきてびくともしなくなる。

とりあえず、フックをぶった切る。


押して見るけど、ぶった切ったせいでキレイに力が伝わらない。

仕方ないので、プライヤーでグリグリしながら頑張ってみるものの肉が固まってしまいびくともしない。

タバコを吸いながら、吸ってるついでにグリッっと力いっぱい引っこ抜く。痛かったけど抜けた。


化膿するのも嫌なので、コンビニに行って消毒液などを買ってくる。


消毒液の出口を傷口に当てて圧力をかけて消毒液を傷穴に入れる。そして、強くつねって血と消毒液を出す。を繰り返す。フックを抜くときよりも消毒の方が痛いw

「消毒も出来る絆創膏」というのが売っていたので、買ってきた。これがアホみたいに痛い。子供だと泣き出すレベルじゃないか?ってくらい痛い。そして、ニオイはアロンアルファw

こんな痛い思いしないように、フックの破棄・管理はちゃんとしようと思った。

プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました