レンコ鯛

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

週末名護湾へ行って来ました。先週と同じく西寄りの風。そして、かなりの微風。

アメリカ人チーム:4名
日本人チーム:4名

の大所帯。午後から天気が悪くなる可能性があるので、いつものお土産確保はすっ飛ばします。深場のポイントに向かいながら魚探の反応がある所やナブラっぽい所で、ジグやミノー使ってみるけど反応なし。

いつもの140~180mのかけ下がりのポイントは、魚探の反応はないけど、とりあえずジグをシャクってみます。しばらくして気づいたのが、風は沖からくるけど、カヤックは沖に流されてる。潮の流れが風に勝ってしまってる・・・

少しだけ風が強くなった気がしたので、パラシュートアンカーを落としてみると、カヤックは立つのですが、風上へ流されて行く。

ジグがカヤックの後ろに行ってしまいマジで釣りづらい。そして、シャクるたびにカヤックが進んでしまってうまくジグを動かせません。

いろんなパターンを試して昼過ぎにやっと、パラシュートアンカーは外して、カヤックをバックさせながらシャクってなんとか動かせるようになりました。

水深220mのポイントでやっと釣れたのが・・・

連子鯛

30cmほどですが、テレビでしか見たことがありません。沖縄にもいるんですね。

その他は、大きなエソとか、イトヒキアジの子供とか・・・



持ち帰れるのは、レンコダイのみでした。食べるのが楽しみ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました