やっと冬の風になってきた

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

天気とか

強めの北東の風。やっと冬らしい天気になってきた。風もこのまま北東で安定してくれたらいいけど・・日曜はまた回るみたい。小潮。名護湾へ行ってきた。

浅場もやってみる

アカジンが欲しいという友人がいるので一応浅場をやっってみる。15分で飽きる。一気に深場へ行きたいけど最近は水深100m前後がよく釣れる。水深60mのあたりまで移動。

カマスラッシュ

最近買ってきた、ハヤブサのジャックアイ スイッチがカマスに大人気。5匹目でリーダー切られた・・・

仕方がないのでいつものShout!ステイ。ステイに交換してすぐにカンパチがきた。このカンパチフックが口の固いところにかかっていて外すのに苦労した。

そして、これで終了。

一応カンパチも釣れてよかった。夏場よりゆっくりシャクったほうがいい感じな気もする。

コメント

  1. おおくぼ より:

    カンパチ良いですね。
    24日は、楽しみにしています。
    沖縄で、ジギングをするようになり3年?位たちますが、当初、船に乗っても、ジグ(スピニングで)をしていたのは、私だけでした。その後、皆でジギングに行くようになりました。
    スピニングでは、重いジグを操るのに体力のなさを痛感し、スロージギングに興味(楽そう)を持ち道具をスロー用に変更し、今に至ってますが・・・。
    最近、疑問を持つようになりました。
    それは、同船者がスピニングのハイピッチジャークでカンパチ(早い動きが好き?)ををポコポコ釣り上げ、それを見ていた私も、スロー用の道具で無理やりハイピッチジャーク(工夫すればスロー用でもできるようになる。)をしていました・・・。あれ、何か変だな、楽さを求めて始めたスローなのに?
    「スローとは何ぞや」を調べだしたら、以下の文書を見つけました。
    「ロッドは水平よりやや上向き程度に構え、ジグの着底後は、即座にリールを1/4~1回転させてポーズします。するとジグの自重でロッドが曲がり、ロッドの復元力で反発し、ジグを跳ねさせます。これを連続して行うことでジグがアクションします。ハンドルの回転や、リーリングの強弱で、ジグのアクションを多彩に演出することが可能です。」
    スローとは、ロッドでジグを跳ねさせて横を向かさせる釣りだと思っていたのが、ビックリでした。
    次回からは、周りの人には目もくれず、初心貫徹(スローで沖縄の大きな(20kg以上のカンパチ等)魚を釣る)を貫きたいと思います。び・・丸の船長も大きなカンパチは、スローのが釣れる。と言っていたので・・・!
    そこで、スローについての知識・見解等、ご教授願えたら幸いです。宜しくお願い致します。
    長々とすみません。

    • kaw より:

      24日楽しみです!私もスローピッチ用のロッドを買おうと何度も思ったのですがまずはジグをもっと自由に操作できるようになってから・・と我慢中です。釣りビジョンでも大きなカンパチはアゲのときよりもフォールで食ってくるって見ました。

      「ロッドは水平よりやや上向き程度に構え、ジグの着底後は、即座にリールを1/4~1回転させてポーズします。するとジグの自重でロッドが曲がり、ロッドの復元力で反発し、ジグを跳ねさせます。これを連続して行うことでジグがアクションします。ハンドルの回転や、リーリングの強弱で、ジグのアクションを多彩に演出することが可能です。」

      上記ですが、多分ですがしゃくり方のタイミング的な事かもしれないですね。

タイトルとURLをコピーしました