無人島キャンプでアカジン

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

数年ぶりの無人島キャンプ

数年前、無人島でキャンプデビューをしました。その時は、沖縄だし、夏だしテントなんてなくても大丈夫!と、何にも持たずに参加。結果、夜中とても寒い思いをしてテントなどいろいろ揃えました。

それから、おじさんたちでキャンプをしても特にやることないな・・とカヤックと釣具を買って釣りを開始。

今回、数年ぶりに同じ無人島でのキャンプ。以前と違って毎週末ジギングを楽しみにしているので、前々からジギング出来そうなポイントを海図で探しまくる・・・でも、どうやっても水深20mくらいが限界のようです。

ミーバイとかタマンかな・・・

水深20mとかは、普段スルーする水深です。釣りを始めた頃はやっていた水深だけどどういう釣りをしていたのかもう殆ど覚えてません。コルトスナイパーを使ってた気もするけど、発掘するのも面倒なのでジギングロッドで一番やわらかいロッドを持ち込みました。

そして、やっぱり釣れるのはイシミーバイ・・・なんか面白くありません・・・

イシミーバイにアカジンが食いついてきた

何度か30g~40gのジグを投げていると、しゃくり始めるとなんか少し重たい気がする・・テールフックはつけていないのでなんか何かしらついてるんですが、イシミーバイはほとんど引かないのでわかりにくい・・・

回収していると、途中でドスンと大きくロッドが曲がりました。確実になんか魚変わった!と上げてみると60cmちょっとのアカジン。

イシミーバイにアカジンが食ってきた

イシミーバイにアカジンが食ってきた

ジグに食いついてきたイシミーバイにアカジンが反応して食ってきたようです。実質泳がせ釣りかもしれないですが、キャンプでアカジン食べれるので問題なしです。

このサイズが釣れたらキャンプで食いきれないだろうと、16時くらいでビーチに戻りました。

釣果を期待してなかった分嬉しい1匹でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました