スポンサーリンク

リールのオーバーホルやメンテにオススメなオイル

リールリールメンテナンス
この記事は約2分で読めます。

グリスとかオイルとか

リールの日頃のメンテナンスやオーバホールの時に、グリスやオイルを使います。

今まではSHIMANOの出している商品を使っていたのですが、バイクのメンテでベルハンマーゴールドとかYAMANAKA Specialを使ってみたらもの凄かったので、リールにも使ってみました。

ベアリング部分にベルハンマーゴールド

遊漁の数日前友人が、「リールがゴリゴリする!」と持ってきたので回してみるとハンドル部分にゴリゴリ感がありました。

ベアリングにゴミなのか塩なのかが挟まっている感じ。

パーツクリーナーでゴミをきれいに流して、ベルハンマーを使ってみると・・・新品の時より回っているんじゃ・・ってくらいグルグルハンドルが回るようになりました。

SHIMANO純正のオイルも海水や耐久性を考えられて作られているのだと思います。

しかし、ベルハンマーゴールドを使ってみると別次元の回転になりました。マジで凄い・・・

オーバーホールの時にもベルハンマーゴールド

別の友人からリールのオーバーホールを頼まれました。

内部のベアリングにもベルハンマーゴールドを使ってみました。オーバーホールをしたので当然といえば当然なんだけどマジで変わります。

ベルハンマーとは

ベルハンマーは、スズキ機工の商品。かなりの潤滑性能と耐久性をもつ潤滑油で、金属の表面のデコボコに作用して、摩擦の少ない状態を作る商品。

LSベルハンマー

どれくらいの硬さなのか分からないけど、グリスの方も買ってみて良さげならリールのベアリングに圧入してみるかな。

プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

釣り用のサンバートラックのブログはこちらです。
軽トラックのアウトドア仕様カスタム・DIY

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました