ハンターボートで沖縄カンパチジギング

沖縄でハンターボート(2馬力)に乗って1年中カンパチだけを狙ってジギングをしています。

日の出前の暗闇で釣りの準備用にライトを色々購入した件

time 2020/01/10 (旧暦:2019年12月16日 )

冬場は、朝7時前位まで暗い。ハンターボートやカヤックを出す場所は基本田舎で真っ暗。なるべく早く釣りを始めたいので、暗い中準備することになる。

sponsored link

ライトの条件

  • LEDであること
  • USB電源(充電式は充電忘れる)
  • とにかく明るくなること
  • 白色だけでなく赤色も入っていること

こんな感じで探してみた。

LED バーライト 

これの52cmを購入。白色とオレンジっぽい色のLEDがあり大変見やすい。何よりもとにかく明るい。ライト側に磁石が取り付けできてリアハッチに貼り付けると手元の明るさは充分。

これだけでも充分明るんだけど、リアハッチ下以外はあまり明るくない。暗闇でボート内も準備したいので、リングライトも導入。

リングライト

三脚も付いてくるし、砂浜を照らしたりハンターボートを照らしたりするのにいいかな・・と購入。こちらもとにかく明るい。が・・三脚を建てておくのって意外と邪魔。色んな人が行き来する中三脚をで導線を妨害するのは気が引ける。

クランプマウント

三脚はやめる。クランプマウントに取り付けして使う。

これなら自由に方向も変えることができるし、三脚みたいに邪魔にならないと思う。

GoProのカチッってはめるやつしかついてなくて、ネジが付いてなかった。中華カメラのコネクタを見てみたらちょうど変換コネクタがあったのでそれを取り付けた。

こっちなら最初からネジっていうか雲台もついてた。アクションカメラにも使えそうなので↑もポチった。

フォローお願いします

sponsored link

コメントを残す

キャンプ

プロフィール

kaw

kaw

2015年の8月から釣りをやってみたい!とFeelFreeカヤックを購入し釣りを始める 2016年5月からHOBIEのRevolution11 に乗り換え。 2018年3月からハンターボート300。 2018年12月から新型ハンターボート300

水深150m~220m前後で1年中ジギングでカンパチだけを狙っています。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。