3週間ぶりのジギング PE高切れと小さなガーラ

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

成人の日も含めた3連休のうち、日・月だけ釣りに行けそうなので日曜に行ってきた。月曜の方が若干マシな感じもしたけど翌日の仕事がきついので日曜日。

北東の風5m/s 小潮。

スポンサーリンク

浅場スタート

風と波が良く分からないので、浅場スタート。魚群探知機には表層から10m前後のところにたくさんの反応があるけど、何を投げても反応しない。ジギングやインチクをやってみたけど反応なし。

風も波も安定してそうなので水深100mくらいのところまで移動。

高切れ・・反省しないと・・

100m前後のところでジギングをしていてしばらくすると大きな当りがきた。浅場からずっと表層近くにあった反応が徐々に下がってきて、表層から50mくらいのところまできた時にガツンときた。

一回目のフッキングでそこそこの重さが伝わってきた。念の為2回目のフックングで、PE高切れ。

前回の船釣りの時にPEが傷んでいる箇所を見つけた。が・・傷んでいるところから10mほど余裕を持ってPEを切っただけ。目視確認できないところでも傷んでいたんだろう。高切れ。

横着したことを反省。

ガーラ

気を取り直して、ジギング再開。ノットを組み直しているうちにベイトはまた表層近くまであがってしまった。やっと来たのがガーラ。

[沖縄ジギング]ガーラ[ハンターボート300]

釣果は以上。

2週間ジギングに行けなかったので、良いリハビリになった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました