魚群探知機に使えそうなバッテリー

スポンサーリンク
物欲
この記事は約1分で読めます。

5インチモニターの魚群探知機くらいまでは12Vに昇圧してモバイルバッテリーで十分動作できた。7インチで200mの水深でも見ることのできる魚群探知機になってくると、12V に昇圧することで電流が足りなくなるっぽい。

そこで、高電流が流れる車のバッテリーあがりに利用できるモバイルバッテリーを利用している。それでも丸一日は持たないので、他のモバイルバッテリーから充電しながら使う。

しかし、充電しながらの利用のせいか半年持たない。すぐにへたってしまう。

車のバッテリーを使えばいいんだろうけど、何かあったときのためにスマホの充電はやりいので躊躇。

さっき安くて良さげなのを見つけた。

suaoki ポータブル電源 S270

3Way出力:ACコンセント(2口):110V/60Hz 100W(瞬間最大150W) DCポート(4口):12V/120W(瞬間最大15A/180W) USB出力ポート(4口):急速充電規格QC3.0(1口):最大18W(5V/2A、9V/1.5A、12V/1A)+USB(3口):5V/最大2.1A

次買い換えるときの検討用メモ。

スポンサーリンク

追記

モバイルバッテリーを使い続けていましたが、バイク用のバッテリーにしました。

プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました