ダイヤモンド砥石

スポンサーリンク
メンテナンス
この記事は約1分で読めます。

先日購入した小さな出刃包丁。使ってみてなんか違和感感じまくり。新品でも最初からしっかり研いでないのかも・・と刃を見てみると、刃が2段になってる。なんだこれ出刃包丁だよね!と色々調べて見ると、仮刃付け(2段刃)になっている包丁は存在することが分かった。

自分好みに刃を付けてね!ってことらしい。

スポンサーリンク

刃の黒幕じゃ全然無理

ステンレス鋼なので家にある刃の黒幕じゃ全く刃を付けれる気がしない。一応研いでみたけどピカピカになっただけw

ダイヤモンド砥石

仕方がないので、ダイヤモンド砥石を購入。

SK11 両面ダイヤモンド砥石 #150 #600 204×65×7mm

SK11 両面ダイヤモンド砥石 #150 #600 204×65×7mm

2,264円(10/20 13:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

先日届いたので、早速使ってみた。ステンレスなので硬いことは硬いけどなんとか行ける。刃を付けながらついでなので魚をさばく時によく使う箇所のカーブも自分好みに整える。

刃の黒幕で仕上げ

ダイヤモンド砥石でゴリゴリやったので刃は結構ギザギザ。刃の黒幕の番手の小さいものから順に使い仕上げ。

いい感じに仕上がった。早く魚をさばいてみたい。

プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました