マグシールドなリールの修理

スポンサーリンク
リールメンテナンス
この記事は約1分で読めます。

DAIWAのヴァデルが塩で固まりました。

そして、分解してマグシールドをパーツクリーナーでふっ飛ばしグリスアップしましたが・・・実際に使ってみるとカクカク、ガタガタ・・・

もうこれはダメだと、SHIMANOのバイオマスターSW8000PGを買いました。

予備リールとして、ヴァデルもおいておきたいので、再び分解。

マグシールド部分を、パーツクリーナーに浸かるほど吹きかけマグシールドをふっ飛ばします。泥水みたいな色をしているのがおそらくマグシールドなのでしょう。ガンガンふっ飛ばした後、グリスアップ。

今回は、組み立てた後にスプールを抑えて強度テスト。

無事、ノーシールドなリールになりました。

プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました