マグシールドなリールの修理

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

DAIWAのヴァデルが塩で固まりました。

そして、分解してマグシールドをパーツクリーナーでふっ飛ばしグリスアップしましたが・・・実際に使ってみるとカクカク、ガタガタ・・・

もうこれはダメだと、SHIMANOのバイオマスターSW8000PGを買いました。

予備リールとして、ヴァデルもおいておきたいので、再び分解。

マグシールド部分を、パーツクリーナーに浸かるほど吹きかけマグシールドをふっ飛ばします。泥水みたいな色をしているのがおそらくマグシールドなのでしょう。ガンガンふっ飛ばした後、グリスアップ。

今回は、組み立てた後にスプールを抑えて強度テスト。

無事、ノーシールドなリールになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました