1ヶ月ぶりの釣りは坊主

スポンサーリンク
ハンターボート釣果
この記事は約2分で読めます。

2021年7月10日。大潮。
先月からまた週末の天気に恵まれず1ヶ月ぶりの釣り。梅雨があけてから一気に暑くなり南風。夏場の出発ポイントへ。ここはヴォルガの舟曳きで準備と片づけがきつい。

スポンサーリンク

水深200mへ

水深200mのポイントへ直行。朝イチはあまり風もなく潮もあんまり動いていない感じ。あたりもなし。

そして、オシアジガーが根がかり・・・何をやっても外れずラインも切れてくれないのにボートはどんどん流される。

リールはロックしてしまって緩めることもできずに泣く泣くPEを切る。160mほどPEがなくなった。300mしかPEを巻いていないのでオシアジガーで水深200mのジギングは不可となった。全く釣果のでないビーストマスターのみで勝負。

水深120mくらいの所まで戻って入れ直した時に一回だけエソが付いてきた。

午後前くらいから徐々に風が出てきた。しかしあたりなし。

正解は水深120m前後だったらしい

一緒に出した先輩たちは水深120mあたりでカンパチ、バラハタなどなど4~5匹釣っていた。こればっかりは仕方ない。

リーフに入れない

大潮の13時過ぎに干潮になる予報だったので14時まで釣りをして戻ってきた。しかし、リーフはまだまだ浅く入ることができない。しばらく見守る。

波のたっているあたりに近づくと水深30cmくらいしかないので、諦めて30分ほど浅場でジグを落としてみる。また根がかりwww

そうこうしているうちにリーフ内の波も穏やかになったようにみえたので、再チャレンジ。少し浅かったけど浅い場所はうねりと一緒に入って無事生還。

かなり時間をロスしたので、片付けが終わったのは17時のサイレンがとっくになったあと。片付けするころには暗くなっていて家に帰り着いたのは22時前。

釣れなかったけど、久々でよいリハビリになった。

プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました