スポンサーリンク

バラシx2 サンゴx1

ハンターボート釣果
この記事は約2分で読めます。

天気とか潮

2021年12月11日(土)小潮 天気 くもり 温度 21度 風速2~5m/s

サンバーのLEDヘッドライトはいい感じ

サンバートラックのヘッドライトをLED球に交換しやっと釣りに行けた。白色のLEDは苦手なので心配していたけど全く問題なし。むしろかなり明るく見える。

ヘッドライト点灯時の電圧も13.8V前後と安定していい感じ。

サンゴに気をつけて行ってくる

軽石の漂流状況はJAXAの衛星データ見る限りは問題なさなさそうだけど、現地に行って自分の目で見てみないとわからない。

現地について海をみてもよく見えないので取り敢えず準備。準備しているうちに徐々に周りが明るくなってきた。海を見ても目視できる距離には軽石は無し。

流石に怖いので浅場でスタート

軽石がないか気をつけながらボートを進めるものの、遠くに行くのは怖い。ってことで水深130mスタート。

あまりやったことのない水深なのでポイントも良くわからない。魚探の地形データを見ながら適当に当たりをつけてジギングスタート。

一回大きめなあたりがあるもののすぐにフックアウト。食いつきのガツンって感触とフッキングの時の感触はカマス。

その後、また同じようなアタリ。今回もカマスだろうと慎重に巻くもののフッキングがしっかりできていなかったのかタモに手をかけた瞬間にフックアウト。

「まぁカマスだし」とスルー。

水深190mくらいのところの着底と同時に嫌な感触。根がかり・・・しかし、リールを巻いてみると巻けるような気がする。

ドラグを締めて巻いてみるとくっそ重たいけど巻ける。ロストは免れたけどココから地獄。なんとかボートまで上げてみるとやっぱり大きなサンゴw

その後、もう一度カマスっぽいあたりがあるもののフックアウトとも言えないくらいのアタリ。

で時間もきたので終了。

釣果

なし。

軽石を警戒して半端な場所でジギングしてしまったことが敗因かな。次回は浅場なら浅場、深場なら深場としっかり決めて釣りをする。

プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

釣り用のサンバートラックのブログはこちらです。
軽トラックのアウトドア仕様カスタム・DIY

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました