内掛け結び+セキ糸でアシストフック自作

スポンサーリンク
自作
この記事は約2分で読めます。

先日、根掛かりが外せなくてハンターボートで引っ張ってみた。ノットもPEの状態も良かったらしくなかなか切れない。結局アシストフックのセキ糸で巻いている部分がスっぽ抜けた。

かなりの力で引っ張っているので、おそらく魚では問題ないだろうけど、万が一大物がかかったときにすっぽ抜けたら悔しい。今まではアシストラインにフックを刺してからセキ糸(PE2号)でかなりの力で巻いていた。

アシストラインにフックを刺すときにどうしても真ん中に刺さらないときがある。恐らくそういう作り方をしたものがスっぽ抜けたのだと思う。

そこで、まず打ち掛け結びでフックを結んで余った部分をセキ糸で巻くことにした。

内掛け結び+セキ糸のアシストフック

内掛け結び+セキ糸のアシストフック

写真のように、内掛け結びして、滑り止めにフック自体にセキ糸を巻いて内掛け結びで余った部分を更にセキ糸でとめる。以前の方法より瞬間接着剤の使い方に気を使わなくて良さげ。(アシストラインのよく動く部分に瞬間接着剤がつくとそこから切れやすい気がする)

この方法のデメリットが、アシストラインの消費量が以前の方法と比べて倍近くになること。しばらくこの作り方のアシストフックを試してみる。

シャウト! メタルジグ ルアー 209TC TCスパーク 3/0

シャウト! メタルジグ ルアー 209TC TCスパーク 3/0

508円(10/24 21:59時点)
Amazonの情報を掲載しています
プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました