釣り後のシャワー用電源取り付け

スポンサーリンク
自作
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

釣りの後のシャワーは必須

ハンターボートでも遊漁船での釣りでも1日釣りをしていると大汗はかくし潮もかぶる。そしてそれが太陽や体温で乾燥しまた汗・潮とどんどん塩分が凝縮されていく。

釣りは好きなんだけどどうもこの塩に肌がまける。そのまま帰宅すると夜には蕁麻疹のような物ができる。

なので、釣りが終わりボートや釣り道具を車に積み込み終わったらシャワー必須。スマホやサングラスなどもこのときに一緒に洗い流す。

サンバートラックのどこに取り付ける

以前のバンタイプの車なら荷室にUSBやシガーソケットを取り付けしたら良かった。軽トラックの場合は今回初めてで色々検討した結果、荷台下に屋外用の電源BOXを取り付けその中にシガーソケットを取り付けることにした。

バッテリー横に電源BOXを取り付けできそうな場所があった

位置は写真の位置。ちょうど棒のような物が出ていたので電源BOXと柱の間に塩ビパイプをはさみステンレスバンドで固定。

作業灯用のスイッチも電源BOX内に設置

冬場は出発ポイントについたときは真っ暗。田舎なので尚更真っ暗。ヘッドライトなど色々試したけど今回は作業灯を購入。

消費電力: 120W/1個とか書かれているけど多分嘘。本当に120Wだったら12V10Aで考える必要があるけど、レビューに書かれているとおり30W程度。2.5A~2.8Aだと思う。それくらいの電力と考えて色々取り付け。

電源はすぐに横にあるバッテリーからとる。ただ、直結はなんとなく怖いのでリレーも取り付け。そしてスイッチ。アクセサリー電源はどこから取るか迷ったけど結局、メーター類を取り付けたときに余分に作っておいたアクセサリー電源から取る。

完成

取り付け場所は単管パイプで作ったキャリア後方上部。ボートの積み下ろしには邪魔にならないように取り付け。

軽トラに作業灯取り付け

後日、古宇利島の遊漁船での釣りのときに使ってみた。ものすごく明るくていい感じだった。

詳しい記事はこちらから

荷台の下にシャワー用電源と作業灯設置 | 軽トラックのアウトドア仕様カスタム・DIY
釣行後のシャワーは必須釣りは好きだけど肌が弱く潮に負けるので釣行後のシャワーは必須。釣りの後は持ち込んだ水タンクの水でシャワーを浴びて体中の潮や汗を流さないと夜には蕁麻疹のような物ができる。潮を被ったり汗をかいたりして乾いてどんどん塩分が濃
プロフィール

2015年釣りを始めるのと同時にFeelFreeカヤックを購入。
2016年5月ホビーカヤックRevolution11に乗り換え。
2018年3月からハンターボート300(2馬力)に乗り換え。

沖縄で水深200mを中心に1年中カンパチを狙っています。ジギング以外の釣りはやりません。餌釣りとジギングは同じ場所でやると釣れなくなると固く信じています。餌釣りの方とは一緒にエントリーしないです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
ハンターボートで沖縄カンパチジギング

コメント

タイトルとURLをコピーしました